スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くなりましたね~


 最近、寒くなりましたね~

 薄着をしていると風邪をひきそうです…

 では…

 NY市場では、結構な動きがありました。

 為替の方では、プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁が「QE3は成長や雇用増加にほとんど効果ないだろう」と追加緩和に対する冷静な見方を示したことや、独連銀総裁が「債券購入に関して疑念を持っているのは自分だけではない」とECBの新たな債券買い入れプログラム(OMT)に対する悲観的な発言を行ったことでリスク選好ムードが後退して、ユーロや豪ドルは上値が重くなっています。

 ダウは、予想より強い7月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比)の結果や、9月消費者信頼感指数の堅調な結果もあり一時61.29ドル高の13620.21ドルまで上昇しましたが、スペインが今週後半に発表することが見込まれる追加の2013年緊縮財政計画が意識され始めると、同国の財政や資金調達への懸念が広がり、一転して下げが加速して、一時101.67ドル安の13457.25ドルまで下落しました。

 チャートを見ると、1週間以上の高値保ち合いを下抜けて、転換線も割れてきているので一旦の調整入りになる可能性が大?

 そして、原油は、明日発表の石油在庫統計で、原油在庫の増加が予想されたことや、プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁の発言を受けて、ダウが下落してことで売られています。

 序盤戦では、市場予想よりも強い米7月S&P/ケースシラー住宅価格指数や同9月消費者信頼感指数の結果を好感して93ドル台まで上伸して、一目均衡表の雲を上抜けようかと言う勢いがあったにも関わらず…

 コチラも、ダウ同様に調整入り?

 また、金は、日米欧の中央銀行の追加緩和実施の決定が再び材料視されて、インフレヘッジとしての買いが優勢に…ETFの残高もどんどん増えていますし、転換線を割り込まない限りは下げないかな?

 
スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。