スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ安が継続…

 
 相変わらず、ユーロは安い…スペインの地方財政への懸念がくすぶるなか、伊2年債利回りが1月以来の5%台へ上昇したほか、一部報道が「ギリシャの債務削減目標は未達成となるだろう」、「ギリシャは追加の債務再編が必要」とEU関係筋の話として伝えたことで、欧州リスクの拡大が懸念されて、ユーロは続落しています。

 その後は、ショイブレ独財務相とスペイン経済相が声明で、「先のEU首脳会議での合意事項の迅速な実施求める」との共同声明を発表したほか、ウォールストリート・ジャーナル紙が「米FRBは、次のFOMCないし9月会合で刺激策をとる公算」と伝えたことでダウが下落幅を縮めたことか、ユーロも値を切り上げましたが、上値は重いまま…

 先日も書きましたが、ユーロはもうひと下げ?

 そして、ダウは、スペインの経済と財政が懸念されていることに加えて、格付け会社のムーディーズがドイツやオランダの見通しをネガティブに引き下げたことや、ギリシャがIMF・EUが課した債務削減目標を達成できないため、追加で債務再編が必要の可能性との見方が広まると、一時199.62ドル安の12521.84ドルまで下落しましたが、FRBが早ければ来週(7月31日、もしくは8月1日)にも預金準備率の引き下げや国債・モーゲージ債購入などを含めた複数の追加刺激策を実施する可能性があるとWSJが報じると、ダウは下げ幅を縮小させています。

 しかし、今のこの穀物が爆騰している最中に、出来るんですかね~

 下手をすれば、更に値上がりする恐れがあるのに…

 また、原油は、シリアを巡っての中東情勢の緊張が高まったことで同地域からの原油の供給ひっ迫懸念が高まったほか、7月のHSBC中国製造業PMIが市場予想を上回ったことで、原油の需要増加が期待されたことから上昇しています。

 ダウの暴落、昨日の暴落の翌日に上昇…

 “変化”したのか?

 チャートを見ると、まだ転換線で抑えられているので、この水準を抜けてくるまでは何とも言えませんが…

 金は、欧州の債務不安が払しょくされないなか、ドルの需要が増加するとの見方が強まって、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことから下落。

 転換線の真上での十字線…

 下値抵抗線は、下に抜けているので上値は重そうですが、何かの拍子ですっ飛ぶこともあり?

 
スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。