スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“金星の逆行”が終わり…暴騰!


 先週は“金星の逆行”が終わり、週末に暴騰しています。

 しかも、この上げ幅が半端ない!

 完全に買いに“変化”したのか?

 それとも、たんなる買い戻しでの売り場提供か?

 NY市場では、ユーロが爆騰しています…欧州連合(EU)首脳会議で、銀行に対する直接的な資本注入を可能とする措置が合意に至ったことで、株高・債券安(利回り上昇)、商品市況の大幅高もあり、リスク選好的なドル売り・円売りとなり、前日に首脳会議への懐疑的な見方からリスクオフの動きが広がっていた反動や、スペイン・伊債の大幅な利回り低下も材料になってます。

 ユーロは、メルケル独首相が会議終了後の記者会見で「ユーロ共同債については引き続き反対」、「ESMの優先権の放棄は今回のスペインの措置に限定すべき」と発言したことで上値を抑えられましたが、ユーロドルは他通貨でのドル売り・円売り基調の強まりも支えとなり、上方向のストップロスの買いを巻き込んで1.2693ドルまで上伸し、ユーロ円も101円の大台を回復させて、一時21日以来の高値となる101.40円まで大きく上値を伸ばしました。

 これで、流れが変わったのでしょうか?

 それとも、売り方の買い戻し?

 今週も色々とイベントが控えているので、更なる“変化”には十分気をつけておきましょう。

 またダウは、欧州連合(EU)首脳会議(サミット)でESMがスペイン融資の優先権を放棄するほか、欧州救済基金から銀行への直接支援を可能にすることや銀行監督制度を統一することで合意したこと、6月シカゴ購買部協会景気指数の結果が予想を上回ったこともあり、暴騰しています。

 その後も、ドイツの議会下院でEUの財政協定や恒久的なユーロ圏救済基金の創設が承認されると、一段高となり一時278.13ドル高の12880.39ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、一気に転換線や一目均衡表の雲を抜けていますし、買いが続けばもう一段高も…

 そして、原油は、欧州連合(EU)首脳会議で欧州安定メカニズム(ESM)による域内の銀行への直接支援などが合意されたことで、債務危機に対する不安が後退したことや、米6月シカゴ購買部協会景気指数が市場予想を上回る結果となったほか、7月からEUがイラン産原油の禁輸措置を発動することもあり、一時85ドルの大台を回復。終値は7.27ドル高の84.96ドルと2009年3月以来の上昇率に…

 こちらのチャートも、転換線を抜けて基準線まで到達…

 久しぶりに、爆騰を見ましたね~

 また、金も同じ材料で上昇して1600ドルの大台に…

 ちゃーとも見ると、これで一目均衡表の雲を抜けてくれば買い賛成なんでしょうがね~

 とりあえず、今週は米雇用統計WEEKですし、4日は“満月”で7日は“小暑”となっているので、大きな“変化”には注意しておきましょう。


 
スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。