スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は“金星のサインチェンジ”…


 今日は“金星のサインチェンジ”です。

 昨日は“清明”で“水星のサインチェンジ”が終わりと“変化日”が続いていますが…

 一体、どんな動きをするのでしょうか?

 NY市場では、暴落…

 これが、底打ちとなるのか?

 それとも、一気に上昇に転じるのか?

 明日は、米雇用統計の発表がありますし、要注意ですよね~

 ダウは、スペイン政府が示した2012年予算案で債務の対GDP比率が1990年以降で最悪の水準に達すると見込まれているなかで、スペインの国債入札が実施され利回りが前回から上昇して、合計調達額も目標レンジの下限付近となったほか、ドラギECB総裁が記者会見で「経済見通しに下振れリスクが存在する」と発言したことで、欧州経済への警戒感が高まり、下落。

 さらに、3月ISM非製造業景況指数の結果が予想を下回ると、ダウは一時178.69ドル安の13020.86ドルまで下落しました。最終的には、心理的節目である13000ドル近辺で買いが入ったので、下げ幅を縮小させましたが、先日書いたように、三尊天井に徐々になりつつありますね…

 そして、商品の方では原油・金ともに暴落…

 原油は、前日のFOMC議事録での追加の金融緩和に伴う景気回復尾への期待が後退したことでの原油の需要減少懸念や石油在庫統計において、国内の原油生産量が過去12年間で最も高い水準まで増加するなか、原油在庫が前週比で予想を大幅に上回る積み増しとなったことで、一時101.08ドルまで下落しました。

 いまだに改質ガソリンは高値位置にあるので、まだまだ上に切り返す余地はありますが…
 
 チャートを見ても、一目均衡表の雲の下限で踏ん張っていますし…

 まぁ、この値位置を抜けたらジ・エンド?

 また、金は前日のFOMC議事録を受けて追加の金融緩和への期待が後退したことや、スペイン国債の軟調な入札結果を背景に欧州の債務不安が高まったことから、ドルが他の主要通貨に対して強含み、ドルの代替資産としての魅力が後退して、暴落…

 東京市場では、ネックラインを割り込んでいるので、早急に値位置を切り上げないと雪崩式に来るかも…

 しかし、今日は“金星のサインチェンジ”ですからね~

 一気に基調転換なんてことも…


スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。