スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“金星のサインチェンジ”が過ぎて…


 昨日15日は“金星のサインチェンジ”でした。

 何かが“変化”するかと思ったら、ユーロ圏での格下げラッシュ!

 来週の23日は“新月”になりますし、そこまで“変化”が続くのでしょうか?

 NY市場では、ダウが下落…

 S&Pが欧州各国の格下げの実施するという観測が浮上したことや、JPモルガンの第4四半期決算で投資銀行部門の減収などによって、純収入が予想を下回ったことに加えて、ギリシャの債務減額交渉が合意不成立のため中断したことが明らかになり投資家の不安が拡大して、ダウは一時159.23ドル安の12311.79ドルまで下落。

 しかし、フランスの格下げが一段階の模様で、市場は織り込み済みだったことや、EFSFのトリプルA格付けが維持される模様などの観測が広がったことで、下げ幅を縮小させた様子。

 また、商品市場でも金・原油が下落。

 NY金は、格付け会社S&Pによるユーロ圏の格付け引き下げの可能性を示唆したことによって、ユーロが急落し、ドルが上昇したことで、代替資産としての金の魅力が後退して下落。欧米の株式市場の下落を受けたリスク資産からの資金逃避も金の売りを誘ったとのこと…

 チャートを見ると、基準線を割り込んできているので、今晩以降に値を戻さないと下落基調になる可能性が大では?

 そして、原油は、引き続きEUによるイラン原油輸入禁止措置の6カ月先送りの可能性が重しとなって、売られています。また、格付け会社S&Pによるユーロ圏周縁国の格下げの憶測を受けてドル高・ユーロ安が進んだことや、米11月貿易収支の赤字幅が同年6月以来の高水準となったことも、売りを誘った模様…

 こちらは、チャートを見ると一応、基準線・一目均衡表の雲の上限で止まっているので、一旦は戻す可能性もありますが、割り込んだ時は相当深い押しが入るのでは?

 とりあえず、ユーロ圏の材料が出たことでアク抜けとなるのか?
 
 それとも、“始まり”となるのか?

 “金星のサインチェンジ”ということもあり、要注意ですね~


スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。