スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日は“満月”…


 日曜日は“満月”です。

 NY市場では、景気減速の兆候がみられる中国が追加の景気刺激策を実施するとの観測が高まったことや、スペインの2013年度予算案についてEU推奨を上回る改革パッケージが閣議で承認されたほか、経済改革の工程表を明らかにしたことを受けての、スペイン財政に対する懸念が後退したことで、ダウはリスク選好の動きが高まり、一時109.32ドル高の13522.83ドルまで上昇しました。

 と…

 続きも書きたいんですが、時間の関係でここまで…


 


スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

もうすぐ、“満月”…


 もうすぐ、“満月”です。

 QE3の材料から上昇していきましたが、やっと新しい材料が出てきたかな?

 これで、“変化”も起り易くなってきたかも…

 が…今日は、朝から外出するので…

 ここまで…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

寒くなりましたね~


 最近、寒くなりましたね~

 薄着をしていると風邪をひきそうです…

 では…

 NY市場では、結構な動きがありました。

 為替の方では、プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁が「QE3は成長や雇用増加にほとんど効果ないだろう」と追加緩和に対する冷静な見方を示したことや、独連銀総裁が「債券購入に関して疑念を持っているのは自分だけではない」とECBの新たな債券買い入れプログラム(OMT)に対する悲観的な発言を行ったことでリスク選好ムードが後退して、ユーロや豪ドルは上値が重くなっています。

 ダウは、予想より強い7月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比)の結果や、9月消費者信頼感指数の堅調な結果もあり一時61.29ドル高の13620.21ドルまで上昇しましたが、スペインが今週後半に発表することが見込まれる追加の2013年緊縮財政計画が意識され始めると、同国の財政や資金調達への懸念が広がり、一転して下げが加速して、一時101.67ドル安の13457.25ドルまで下落しました。

 チャートを見ると、1週間以上の高値保ち合いを下抜けて、転換線も割れてきているので一旦の調整入りになる可能性が大?

 そして、原油は、明日発表の石油在庫統計で、原油在庫の増加が予想されたことや、プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁の発言を受けて、ダウが下落してことで売られています。

 序盤戦では、市場予想よりも強い米7月S&P/ケースシラー住宅価格指数や同9月消費者信頼感指数の結果を好感して93ドル台まで上伸して、一目均衡表の雲を上抜けようかと言う勢いがあったにも関わらず…

 コチラも、ダウ同様に調整入り?

 また、金は、日米欧の中央銀行の追加緩和実施の決定が再び材料視されて、インフレヘッジとしての買いが優勢に…ETFの残高もどんどん増えていますし、転換線を割り込まない限りは下げないかな?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

あっ!


 朝、書いたと思ったら書いてなかった…

 時間がないので、明日…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“秋分”が過ぎて…


 22日は“秋分”でした…

 さぁ、“変化”が起きたのでしょうか?

 30日は“満月”になりますし、今週は結構重要な週になるかもしれませんね~

 ドル円・ユーロ・ダウなどが、上値の重い状況になれば…

 チャートを見ると、節目に差し掛かっているので急激な“変化”には注意して見ていきましょう。

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日は“秋分”…


 明日は“秋分”です。

 大暴落からの一気に切り返し…

 ここで、戻り高値を抜けなければ再度下げるんでしょうかね~

 今日は、朝から来客があるために書けないかも…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

再び円高に…


 NY市場では、再び円高になっています。

 昨日の昼過ぎに、日銀が追加緩和決定して、サプライズと言うことで一気に円安に振れました…が、日銀の今回の決定は、米追加緩和のように成長率あるいは失業率などをターゲットとした決定ではないために、主要国の緩和が相次ぐなかでは意気込みが欠けた様子でしたね~。特にFRBと日銀の追加緩和に関する温度差は大きく、あったのはタイミング的なサプライズだけでした。

 また、中国政府が暴動沈静化に乗り出したことも、日中関係悪化を背景とした円売りを巻き戻したようです。

 そして、NYダウは住宅指標が底堅い結果を示したことから、住宅建設株を中心に買いが入り、ダウは一時61.84ドル高の13626.48ドルまで上昇…しかし、「本日もファット・フィンガー(誤発注)が起きた模様だ」との指摘が聞かれたましたし、原油が暴落したためにエネルギーセクターが徐々に重しとなったことでダウは、引けにかけて上昇幅を縮小させて終わっています。

 チャートを見ると、これで4営業日保ち合いとなっているので、何かの拍子に大きく動きこともありそうです。

 商品の方では、原油が暴落…在庫統計で、原油在庫が市場予想を大幅に上回る積み増しとなり、3月以来の高水準となったことや、サウジアラビアの原油価格押し下げのための増産見通しや、米国の戦略石油備蓄の放出観測もあり、原油は一時91.25ドルまで暴落しています。

 チャート上は、一目均衡表の雲の上限で止まっているので、この水準で踏ん張れるかどうかが問題ですね~

 金は、日銀の追加緩和決定を受けて、インフレヘッジとしての金の魅力が高まったことから上昇していますが、ほぼ動かず…

 16日の“新月”で“変化”があったのでしょうか?

 週末22日は“秋分”になりますし、急激な“変化”には十分注意しておきましょう。

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

昨日から大雨…


 昨日から雨が凄いですね~

 今日も、降ったりやんだり…

 値段もだいぶ乱高下しています。

 今日の日銀でも…

 あ~書きたい…

 でも、時間がない…

 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“新月”が過ぎて…


 16日は“新月”でした…

 ここで“変化”を起こすのでしょうか?

 22日は“秋分”で、30日は“満月”と続く“変化日”にどう繋がっていくのか…

 色々と書きたいんですが、今日は時間がない。

 続きは明日…


 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は…


 今日は…

 書けず…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

米国格下げ?


 今日も暑いですね~

 そして、今日から注目のFOMC…

 事前予想通りにQE3発動なるか…

 発表後の動きに大注目!

 NY市場では、ドルが下落しています。

 12-13日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、根強い米追加緩和期待を背景にドル売りが強まっていることに加えて、格付け会社ムーディーズが、米国の来年度の予算協議で、債務の対GDP比率の低下トレンドが示されなければ、格下げの可能性があるとしたこともドル売りに拍車をかけています。

 QE3のこともありますし、もう一段の円高も視野に入れておかないといけないみたいですね~

 そうなってくると、国内商品は上値が重くなる?

 また、NYダウはドル安に反して急騰しています。

 12日に独憲法裁判所によるESMの合憲性判断が下されますが、ショイブレ独財務相が同判決について前向きな見方を示すなど、違憲との判決が下されないとの期待が高まったことや、13日のFOMC声明を控えて、米当局による追加緩和期待もあり、ダウは一時100.05ドル高の13354.34ドルまで上昇しました。
 
 そして、原油・金もダウ同様の材料で上昇しています。

 チャートを見ると、原油は転換線を上回りましたし、金は今の上昇が第何波動になるかで今後の上げ幅が決まりそうです…

 とりあえずは、FOMC後の動きに十分注意して見ていきましょう。

 話は変わって、今日から小学校の娘が八ヶ岳に2泊3日で行っています。

 昨日の夜の雷では、天気も心配しましたが、起きて見れば晴天に…

 随分前から楽しみにしていたので良かったです。

 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

朝から…


 今日は朝からバッタバタ…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今週はFOMC…

 
 今週はFOMCです。

 色々と書きたいんですが…時間がない


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“金星のサインチェンジ”“白露”…


 今日は“金星のサインチェンジ”“白露”です。

 昨晩も大きく動きましたが、今晩も大きな“変化”を見せてくれるのでしょうか?

 NY市場では、ダウが暴騰しています。

 ダウは、ECBが償還期間1~3年の南欧国債の買い入れを購入額の上限を設定しない無制限で実施することで合意したことや、予想より強い8月ISM非製造業景況指数の結果を材料に暴騰して、一時246.65ドル高の13294.13ドルまで上昇…

 チャートを見ると、一気に基準線・転換線を抜けて、直近の高値まで爆騰しました。

 若干上げ過ぎの気もするので、今晩の米雇用統計の発表次第では、再度大きく振れるかも…

 そして、原油は、ECBが無制限の国債買い入れ計画を発表したことで欧州の債務不安が和らいだほか、米8月ADP全国雇用者数と同新規失業保険申請件数が市場予想よりも良い内容となったことで、ダウが大幅上昇したこと、石油在庫統計で原油在庫が市場予想を大幅に上回る取り崩しとなり、5カ月ぶりの低水準となったことで97.71ドルまで爆騰…

 その後は、利喰いもあり、一旦はマイナス圏まで暴落と凄まじい動きを見せています。

 チャート上は、再度転換線で上値を抑えられていますし、長い上ヒゲ陰線を見せられると一旦の調整はありそう?

 また、金は、ドラギECB総裁が理事会後の会見で、ECBが無制限の国債買い入れで合意したと発表したことから、インフレヘッジとしての金の魅力が高まって上昇して、終値ベースとしては3月9日以来の高水準を付けています。

 問題は、この上ヒゲが残るかどうか…

 今日が“金星のサインチェンジ”と言うことを考えると、“変化”することも…

 とりあえずは、今晩の米雇用統計の発表を見て…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

昨日まで…


 昨日まで、体調が悪く休んでいました…

 と言うことで…

 今日もコメントはお休みです。

 因みに明日は“金星のサインチェンジ”“白露”で“変化日”です…

 今晩もイベントがありますし、明日の米雇用統計まで目が離せませんね~

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。