スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、イベント…


 さぁ、イベントが始まります…

 一体、どんなドラマが生まれるのでしょうか?

 毎度毎度、QE3期待で買いが入りますが…結局は、何も起こらずに失望売りの繰り返し…

 今回は、前3回とは違った動きを見せるのでしょうかね~

 NYダウは、ECBによる国債購入の再開観測によって、欧州債務国の国債利回りが低下していることもあり、一時52.98ドル高の13126.64ドルまで上昇しましたが、ドイツ証券が規制や業績について慎重な見方を示したことで、投資判断を引き下げたJPモルガンが重しとなり、その後は売りに転じて、一時32ドル程度下落…最終的には、FRBによる追加刺激策に対する期待もあり、下値は限定的にはなっていますが…

 チャート上は、今回の十字線で転換するのかどうか…

 そして、原油は、欧州に対する債務不安が払しょくされないので、ユーロが対ドルで弱含んだことや、FOMCやECB理事会を前に様子見ムードもあり小動き…

 チャートを見ると、転換線で止まっているので、この水準を抜けるかどうかが問題…

 また、金はFOMCやECB理事会で、成長刺激のため追加の緩和措置が取られるのではないかとの期待が高まったこともあり上昇。

 今週の木曜日は“満月”になりますし、“変化”を起こすのか?

スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日も暑いですね~


 今日も暑いですね~

 今週は、イベントが目白押しですし、今夏最大の“変化”を見せるかもしれませんね…

 先週は、週末にかけてのユーロの上昇が目につきました…

 仏ルモンド紙が、ユーロ圏各国とECBがスペインとイタリアの借り入れコスト低下を促すために、国債購入を準備していると伝えたことや、独仏首脳が「ユーロを守るためにあらゆる措置をとる」と欧州の債務危機に協調して対応する姿勢を示したことが背景に…

 また、米シンクタンクによるECBの証券市場プログラム(SMP)による国債買入再開に関するレポートや、予想よりも強い米4-6月期GDP・同ミシガン大学消費者信頼感指数の結果を受けて、ダウが上昇したこともあり、リスクオンの流れが継続と…

 先週の流れのままに行けるのでしょうか?

 チャートを見ると、基準線で上値を抑えられていますし、すぐ上に一目均衡表の厚い雲が存在するので、この水準を抜けるには相当なパワーが必要では…

 そうなってくると…

 今週は、2日が“満月”になりますし、主要な経済指標の発表も盛りだくさんですから、乱高下するかも…

 NYダウは、4-6月期GDP・速報値が前期比年率+1.5%となり、市場予想の+1.4%より強い結果となったことや、7月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値の結果も市場予想より強い内容となったこと、さらに、独・メルケル首相、仏・オランド大統領が「ユーロ圏を守るためにあらゆることを行う用意がある」などと見解を示して、ECB総裁が新LTROや債券購入について協議する模様との報道も追い風となったことで、ダウは一時229.81ル高の13117.74ドルまで上昇しました。

 このまま、上昇し続けるか?

 そして、原油はドラギECB総裁や独・仏両首脳の発言を受けて、欧州の債務危機の拡大阻止に向けた何らかの措置が取られるとの観測が強まったことやECB理事会のほか、FOMCも開催されるために、米当局の景気てこ入れのための刺激策への期待が高まったこともあり、上昇しています。

 チャートを見ると、ちょうど転換線の上で止まっているので、この水準を抜けきれるかどうかが問題ですね~

 また、金も原油同様の材料で上昇しています。

 こちらは、次々とポイントを抜いて来ているので、もう一段高も?

 とりあえず、今週は明日から重要な発表が続々出てきますし、2日に“満月”、来週は7日が“立秋”、8日が“金星のサインチェンジ”で“水星の逆行”の終了と“変化日”ラッシュもあるので、急激な“変化”には十分注意しておきましょう。

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日も…


 今日も…

 暑い…

 そして、時間もない…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暑い…


 暑い…

 しかし、暑い…

 そして、今日は時間がないのでお休み。

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロ安が継続…

 
 相変わらず、ユーロは安い…スペインの地方財政への懸念がくすぶるなか、伊2年債利回りが1月以来の5%台へ上昇したほか、一部報道が「ギリシャの債務削減目標は未達成となるだろう」、「ギリシャは追加の債務再編が必要」とEU関係筋の話として伝えたことで、欧州リスクの拡大が懸念されて、ユーロは続落しています。

 その後は、ショイブレ独財務相とスペイン経済相が声明で、「先のEU首脳会議での合意事項の迅速な実施求める」との共同声明を発表したほか、ウォールストリート・ジャーナル紙が「米FRBは、次のFOMCないし9月会合で刺激策をとる公算」と伝えたことでダウが下落幅を縮めたことか、ユーロも値を切り上げましたが、上値は重いまま…

 先日も書きましたが、ユーロはもうひと下げ?

 そして、ダウは、スペインの経済と財政が懸念されていることに加えて、格付け会社のムーディーズがドイツやオランダの見通しをネガティブに引き下げたことや、ギリシャがIMF・EUが課した債務削減目標を達成できないため、追加で債務再編が必要の可能性との見方が広まると、一時199.62ドル安の12521.84ドルまで下落しましたが、FRBが早ければ来週(7月31日、もしくは8月1日)にも預金準備率の引き下げや国債・モーゲージ債購入などを含めた複数の追加刺激策を実施する可能性があるとWSJが報じると、ダウは下げ幅を縮小させています。

 しかし、今のこの穀物が爆騰している最中に、出来るんですかね~

 下手をすれば、更に値上がりする恐れがあるのに…

 また、原油は、シリアを巡っての中東情勢の緊張が高まったことで同地域からの原油の供給ひっ迫懸念が高まったほか、7月のHSBC中国製造業PMIが市場予想を上回ったことで、原油の需要増加が期待されたことから上昇しています。

 ダウの暴落、昨日の暴落の翌日に上昇…

 “変化”したのか?

 チャートを見ると、まだ転換線で抑えられているので、この水準を抜けてくるまでは何とも言えませんが…

 金は、欧州の債務不安が払しょくされないなか、ドルの需要が増加するとの見方が強まって、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことから下落。

 転換線の真上での十字線…

 下値抵抗線は、下に抜けているので上値は重そうですが、何かの拍子ですっ飛ぶこともあり?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暴落…


 結果的に“新月”が天井となっています。

 16日から“水星の逆行”が始まっていますし、ゴールデンウィークの時のような暴落があるのでしょうか?

 NY市場では、ユーロ・ダウ・原油・金が下落…

 ユーロは、先週のバレンシア州に続き他の5州も支援要請するとの観測が高まるなか、スペイン当局がすべての株式の空売りを禁止したことが重しとなり、2010年6月以来の低水準となる1.2067ドルまで下落幅を広げました。

 その後、一旦は買い戻されましたが、LCHクリアネット(欧州の金融取引清算・決済機関)が、一部の伊・スペインの債券取引の証拠金引き上げを発表したほか、引け際には、格付け会社ムーディーズが独・オランダ・ルクセンブルクの格付け見通しをネガティブに引き下げたほか、「ギリシャの離脱リスクが以前に比べて上昇」との見解を示したことで、再度下げに…

 チャートを見ると、2009年末から2010年6月の安値までの下げ幅を基準にすると、もうひと下げありそうな感じですね~

 ダウは、スペインで少なくとも6つの州が救済支援を検討しているとの報道や、同国の4-6月期GDPが0.4%減(前期比)と、3四半期連続でマイナス成長となり、リセッションがいっそう深まったこと、IMFがギリシャへの融資を停止する可能性があるとの報道などもあり、一時239.16ドル安の12583.41ドルまで下落。
 
 その後は、今回の報道を受けたIMFがギリシャ支援を継続する可能性を示唆していたほか、GSが投資判断を引き上げた住宅建設セクターに買いが入り、安値からは一気に130ドル以上も値を戻して、一目均衡表の雲から抜け出て、転換線・基準線まで上昇…

 ここで、“変化”を見せるたのでしょうか?

 また、原油はスペインの地方政府がEUなどに全面的な支援を要請するとの観測が高まるなか、同国債利回りがユーロ導入以来の高水準まで上昇して、リスク回避の動きが強まったことや、世界第2位の原油消費である中国の中銀当局者が、同国の経済成長が一段と減速する可能性があるとの見方を示したことで、昨年12月14日以来の大幅な下げを記録。

 チャートを見ると、転換線で止まっていますし、前回の下げ幅と同値幅となることから修正波動と取れないこともないんですが…

 逆にそうでない時には、一気に暴落して安値を取りに行くのでは?

 そして、金はスペインをはじめ欧州の債務危機が深刻化しているとの懸念が強まって、ドルが対ユーロで2010年6月以来の高値をつけたことで、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことから、下落。

 チャートを見ると、20ドルの下ヒゲを作って転換線も回復しているので、“変化”とも取れますが…

 ユーロ次第ですかね~

  

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“新月”で変わったか?


 先週19日は“新月”でした。

 そこで、流れが変わったのでしょうか?

 昨日は“大暑”でしたし…

 色々と書きたいんですが…

 時間がないので…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は涼しくて、過ごしやすいですね~


 今日は、昨日までとは180度“変化”して、涼しいですね~

 “新月”で“変化”したのでしょうか?

 NY市場では、全面高…

 16日から“水星の逆行”が始まりましたが、どう“変化”したのでしょうか?

 為替を見ると、相変わらずユーロ安で円高…

 ユーロは、ショイブレ独財務相が「スペインは融資資金を支払う義務がある」と発言したことから、欧州首脳の債務危機への対応が難航するとの懸念が強まったことや、スペイン国債入札で、応札倍率が軒並み低下したことが嫌気されて、スペイン債が下落(利回り上昇)し利回りが危険水準とされる7%を1週間ぶりに突破したこともあり、売られています。

 途中、ドイツ下院でスペインの銀行救済を承認すると報道されましたが、ほとんど反応もなし…

 また、ドル円は米雇用指標の弱い結果や、米6月中古住宅販売件数など複数の経済指標が予想を下回る内容となったことで、一時78.42円まで下落…

 まだまだ、流れに“変化”はないか?

 ダウは、18日の取引終了後に発表されたクアルコムやイーベイ、IBMの決算を好感して買いが先行。しかし、6月景気先行指数や6月中古住宅販売件数の結果が予想を下回ったことで、一時マイナス圏へと突入しましたがハイテクセクターが下支えして上昇しています。

 チャートを見ると、前回の高値近辺で止まっているので、この水準を抜けるかどうかが問題ですね~

 抜けなければ、綺麗なダブルトップを形成してきますし…

 そして、原油は相変わらず、中東情勢の緊迫化に伴う原油の供給ひっ迫懸念で、上昇しています…前日に発生したブルガリア空港でのバス爆破事件をめぐり、イスラエルとイランの関係に緊張が高まったほか、シリアでは、政府高官3人を殺害した報復として政府軍が反体制勢力を攻撃。

 チャート上は、目前に一目均衡表の雲の上限が控えているので、一旦の調整もあり?

 まぁ、在庫はダブついているみたいですし…

 金は米新規失業保険申請件数が前週よりも悪化したことを受けて、米金融当局の追加緩和に対する期待が高まったことで、インフレヘッジとしての金の魅力が高まったことから上昇。

 しかし、力強さはないですね~

 チャートを見ると、一目均衡表の雲の下限や基準線で上値を抑えられた形になり、引け際には転換線までの下落を見せているので、まだまだでしょうか?

 とりあえずは、“新月”が過ぎて、22日は“大暑”となりますし、来月に入れば2日が“満月”で7日が“立秋”、8日が“金星のサインチェンジ”“水星の逆行”の終了となりますので、大きな“変化”には十分注意が必要です。

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“新月”です


 今日は“新月”です。

 …体調不良のためお休み


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

時間が…


 先週末から、娘が腹痛で大変…

 金曜日に、小学校に置いてあった重い荷物を持ち帰ってきたと思ったら…

 家に着くなり、ダウン…

 重いだけかと思いきや、具合が悪かったらしいです。

 その日から、下痢と嘔吐で大変…

 結局、良くなったのは昨日の朝…

 しかも、昨日は熱波だし…

 と言うことで、昨日は何も書けずに、今日も時間がなく…

 明日は、平気でしょうからコメントは明日。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は…


 今日は…

 時間がなく、コメントはお休みです。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暴風…


 昨日の夜から、凄い風ですね~

 九州地方では、洪水被害で大変みたいですし、最近はこんなニュースばっかりで気分が沈みます。

 そして、せっかく生まれたパンダの赤ちゃんが急死したりと…

 何と言っていいやら…

 景気も悪いし、何か明るい話題はないですかね~

 では、話を戻して…

 NY市場では、ダウ・金が下落して、原油が上昇しています。

 ダウは序盤は売りが先行…米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公開を控えて、追加の金融緩和についての発言を見極めるために、買いは限定されていました。

 そのFOMC議事録では「追加刺激がおそらく必要になると数人が主張」したことが明らかになりましたが、中国経済が“著しく減速する”可能性や欧州や米国内の景気も懸念していると指摘し、FRBのスタッフがGDP予想を引き下げたこともあって、世界経済の成長が警戒されて、ダウは一時118.79ドル安の12534.33ドルまで下落。

 その後は、米下院で医療保険改革法の撤廃法案が可決されたことから、米財政圧迫懸念が和らいで、下げ幅を急速に縮小しましたが、上院で可決の見込みがないことから、戻りは限定的でした。

 チャートを見ると、下値は基準線と一目均衡表の雲の下限で切り返しているので、問題はこの水準で値を固めるのか、それとも割りこむのかどうか…

 そして、原油は、米エネルギー省(EIA)の在庫統計で、原油在庫が予想を大幅に上回る取り崩しとなったほか、製油所の稼働率が2007年7月以来の高水準まで上昇したことで上昇。その後は、石油在庫統計で原油在庫の予想を上回る減少が示されたものの、一方で、ガソリン在庫や暖房油を含む中間留分は積み増しとなったことから、発表直後は売りこまれました…最終的には買いが優勢になっていましたが、まだ売り優勢かな?

 また、金は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で追加緩和が示唆されず、インフレヘッジとしての金の魅力が後退したことから下落しています。

 チャート上は、陽線になっていますが、転換線や一目均衡表の雲を下抜けていることもあり、上値は重そうですよね~

 とりあえず、来週の月曜日で“水星の逆行”が終わるので、その近辺までは急激な値動きに十分注意しておきましょう。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

全面安…


 本日のNY市場は、全面安です。

 特に、ユーロが…

 ユーロドルは、年初来安値を更新しています…ユーロ圏財務相会合で、スペインの銀行に対して、300億ユーロの第1弾支援が合意されたことや、スペイン財政赤字の是正期限1年延長が決定されたことは一時的に金融市場全般で好感されましたが、次第にリスク回避のドル買いが強まり、発足が遅れている欧州安定メカニズム(ESM)について、独憲法裁判所での合憲判断が先延ばしになっていることが不安視されて、上昇して始まったNYダウも反落して、下げが加速すると資源国通貨には対円・対ドルで売りが強まりました。

 チャートを見ても、止め線がないですし、このまま2年前の安値を捉えに行くのでしょうか?

 NYダウは、買いが先行して、一時94.00ドル高の12830.29ドルまで上昇しました。ユーロ圏財務相会合でスペイン銀行の資本増強のため、今月中に300億ユーロの支援を実施することで合意し、欧州安定メカニズム(ESM)による恒久的な救済について、独憲法裁判所が合憲との判断を下すとの観測も高まったことで、欧州債務対策に対する期待が相場を後押ししましたが、イタリアのモンティ首相がイタリアはユーロ圏救済基金による国債買い入れを要請する可能性があると示唆したほか、同首相が来年の任期満了で退任する意思を示したことを受けて、同国の債務や財政改革が遅れると警戒されて、下落に転じて、引けにかけて一時129.38ドル安の12606.91ドルまで下落。

 チャート上は、転換線を割り込んで、一目均衡表の雲の中に入り込んできてしまいました。

 また、原油は、先月24日から続いていたノルウェーの石油生産施設でのストライキが、同国政府による介入を受けて終結して、原油の供給ひっ迫懸念が後退したことや、中国の原油輸入が前月比で減少したほか、株安・ドル高も重しとなったことで下落しています。

 チャートを見ると、すぐ下に基準線・転換線が控えていますが、この水準を割り込んでくると更なる深押しも…

 そして、金は、中国の貿易統計で6月の輸入が市場予想を下回る伸びとなったことで、他の商品相場が下落しての連れ安や、欧州懸念を背景にドルが他の主要通貨に対して強含んだことで、ドルの代替資産としての金の魅力が減少して下落。

 一旦は、一目均衡表の雲の中に入りましたが、上ヒゲを付けての転換線割れもあり、チャートは悪化しています。

 先日も書きましたが、来週16日は“水星の逆行”の終了ですし、そこまでの調整も?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暑い…


 今日は暑いですね~

 いつも、東京駅から歩いて行くんですが、さすがに今日は暑かった…

 やっと、夏らしくなってきたんでしょうか?

 と…話は変わって、今日は娘の誕生日です…

 もう、小学5年生ですから、無視したり、パパあっち行ってとか言いそうな年頃ですよね~

 あ~ヤダヤダ…
 
 と話が沈んで来たので、ここまで…

 と言うわけにはいかないので、簡単に…

 今回の下げが、上昇に対する修正になるのか?
 
 それとも、下げの始まりか?

 この見方によっては、全然ポジションも違ってくるので、ここ数日の流れを見極めて慎重に行かないとね~

 まぁ、個人的には下げはこれからとは思っているんですが…

 とりあえずは、16日の“水星の逆行”が終わるまでは下げかな?

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

米雇用統計が終わり…

 
 先週末に米雇用統計の発表がありました。

 結果はサプライズを受けての暴落…

 結果として、“満月”“七夕天井”となったのでしょうか?

 今週、再度戻りを見せれば切り返すのでしょうが、あの結果を見るとね~

 ユーロが戻れば、良いんですが…

 チャートを見ると、戻る気がしない…

 せっかく、買い材料が出て良い感じで大陽線を出して、良い感じで上がっていったのにね~

 あっさりと、崩れるとは…

 “満月”で戻り高値だったのかな?

 あそこで、みんなが買いついているとすれば、今週中に安値を撮りまくることもありそうです。

 一応、止まるところで止まっているようにも見えるので、何とも言えませんが…

 今週、更なる下落があると、来週16日の“水星の逆行”の終わりまでは下げ確定?

 19日は“新月”になりますし、今週は重要な週になりそうです。

 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今晩は、米雇用統計…


 今晩は、米雇用統計の発表です。

 昨日は、重要なイベントや発表があったにもかかわらず、あの動き…

 若干、肩すかしのように思えましたが、今日は本番の米雇用統計ですからね~

 大きな“変化”に期待かな?

 明日は“小暑”ですし、“満月”が過ぎて、七夕に何かが起るか?

 今日は、時間がないので、ここまで…


 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“満月”が過ぎて…


 昨日は“満月”でした…

 しかし、NY市場は独立記念日で休場。

 そのため、久しぶりに値動きがなかったですね~

 問題は、今晩からの主要な経済指標などの発表…

 ECBからADPなど…

 週末は七夕ですし…

 良く言われるように“七夕天井”になるのでしょうか?

 ちょうど“満月”も過ぎましたし…

 高値の更新が継続しなければ、一旦は調整か…

 今日は、もっと早くに書こうと思ったんですが、ナカナカ上手く繋がらなくて、やっとfc2に繋がったので、書けるようになりました。

 一体、なんだったのか?

 たまに接続できない時があるんですよね~

 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“満月”です


 今日は“満月”です。

 そして、全面高…

 これが“変化”となるのか?

 NY市場では、ダウが上昇して直近高値を抜けて、チャート上は3波動目に向かっているのでしょうか…6月自動車販売台数でGMなどメーカー各社が予想を上回る販売台数だったことや、5月製造業受注指数の結果が予想を上回ったことなどが好感されて、ダウは一時74.81ドル高の12946.20ドルまで上昇しています。

 そして、原油はイランをめぐる地政学的リスクが高まったことで、原油の供給減少が懸念されたことで、暴騰しています…イランが、EUによる同国産の原油禁輸措置などの制裁に対し反発を強めて、ホルムズ海峡を封鎖すると警告しているほか、軍事演習中にミサイル発射を行ったこと、また、世界的に中央銀行が追加緩和を実施するとの期待が高まっていることもあり、一時88ドルの大台まで爆騰。

 チャートを見ると、一気に基準線を抜けているので、目先は一目均衡表の雲で抵抗を受けるかどうか…

 また、金は、米国や欧州の中央銀行が成長押し上げのため追加の措置を取るとの観測が高まったことで、インフレヘッジとしての魅力が強まり、一時6月19日以来の高値となる1625.70ドルまで上昇しました。

 今回の上昇で、一目均衡表の雲を一気に抜けてきてるので、問題は直近の高値を超えられるかどうかでしょうかね~

 とりあえず、今日は“満月”ですし、大きな“変化”には要注意です…




 


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日は“満月”…


 明日は“満月”です。

 先日も書きましたが、今週は重要な週ですし急激な“変化”には注意しておきましょう。

 NY市場では、ダウが小動きで原油・金は下落しています。

 ダウは、序盤は買いが先行していましたが、6月ISM製造業景況指数の結果が予想を下回ったうえに、2009年7月以来初めて景気判断の分かれ目となる50を下回ったことで、一時84.61ドル安の12795.48ドルまで下落しました。

 その後は、3日が短縮取引、4日が休場(独立記念日)ということもあり、動かず…

 そして、原油は米6月ISM製造業景況指数が景気判断の分かれ目とされる50を下回る49.7となり、2009年7月以来の低水準となったことで、米国の原油の需要減少が懸念されたことや、弱い中国HSBC6月製造業PMIの結果やユーロ圏5月失業率の悪化もあり、暴落…

 チャートを見ると、再度基準線で叩かれた形になっているので、早急にこの水準をクリアしていかないと転換線までの調整も?

 また、金はフィンランドやオランダが欧州安定メカニズム(ESM)による流通市場での債券購入策に対して反対の意向を示したことや、ユーロ圏5月失業率が11.1%と1995年の統計開始以来で最高となったことで、ドルが対ユーロで強含み、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことで売られました。

 チャート上は、ローソク足が切り下がる形になるために、こちらも早急に直近高値を捉えないと、再度一目均衡表の雲を割り込むことも…

 

“金星の逆行”が終わり…暴騰!


 先週は“金星の逆行”が終わり、週末に暴騰しています。

 しかも、この上げ幅が半端ない!

 完全に買いに“変化”したのか?

 それとも、たんなる買い戻しでの売り場提供か?

 NY市場では、ユーロが爆騰しています…欧州連合(EU)首脳会議で、銀行に対する直接的な資本注入を可能とする措置が合意に至ったことで、株高・債券安(利回り上昇)、商品市況の大幅高もあり、リスク選好的なドル売り・円売りとなり、前日に首脳会議への懐疑的な見方からリスクオフの動きが広がっていた反動や、スペイン・伊債の大幅な利回り低下も材料になってます。

 ユーロは、メルケル独首相が会議終了後の記者会見で「ユーロ共同債については引き続き反対」、「ESMの優先権の放棄は今回のスペインの措置に限定すべき」と発言したことで上値を抑えられましたが、ユーロドルは他通貨でのドル売り・円売り基調の強まりも支えとなり、上方向のストップロスの買いを巻き込んで1.2693ドルまで上伸し、ユーロ円も101円の大台を回復させて、一時21日以来の高値となる101.40円まで大きく上値を伸ばしました。

 これで、流れが変わったのでしょうか?

 それとも、売り方の買い戻し?

 今週も色々とイベントが控えているので、更なる“変化”には十分気をつけておきましょう。

 またダウは、欧州連合(EU)首脳会議(サミット)でESMがスペイン融資の優先権を放棄するほか、欧州救済基金から銀行への直接支援を可能にすることや銀行監督制度を統一することで合意したこと、6月シカゴ購買部協会景気指数の結果が予想を上回ったこともあり、暴騰しています。

 その後も、ドイツの議会下院でEUの財政協定や恒久的なユーロ圏救済基金の創設が承認されると、一段高となり一時278.13ドル高の12880.39ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、一気に転換線や一目均衡表の雲を抜けていますし、買いが続けばもう一段高も…

 そして、原油は、欧州連合(EU)首脳会議で欧州安定メカニズム(ESM)による域内の銀行への直接支援などが合意されたことで、債務危機に対する不安が後退したことや、米6月シカゴ購買部協会景気指数が市場予想を上回る結果となったほか、7月からEUがイラン産原油の禁輸措置を発動することもあり、一時85ドルの大台を回復。終値は7.27ドル高の84.96ドルと2009年3月以来の上昇率に…

 こちらのチャートも、転換線を抜けて基準線まで到達…

 久しぶりに、爆騰を見ましたね~

 また、金も同じ材料で上昇して1600ドルの大台に…

 ちゃーとも見ると、これで一目均衡表の雲を抜けてくれば買い賛成なんでしょうがね~

 とりあえず、今週は米雇用統計WEEKですし、4日は“満月”で7日は“小暑”となっているので、大きな“変化”には注意しておきましょう。


 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。