スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“金星の逆行”が終わり…


 “金星の逆行”が終わり…

 NY市場では、暴落…

 と言うことは…

 今日から買いに“変化”したのかな?

 色々と書きたいことはあるんですが、時間がないので急用の方は電話で…

 
スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“金星の逆行”が終わる…


 “金星の逆行”が終わります…

 一体、どんな“変化”を見せるのでしょうか?

 NY市場では、全面高となっていますが…

 ダウは、5月耐久財受注の結果が予想を上回ったことや、5月中古住宅販売保留件数指数の好結果、住宅建設レナーの堅調な第2四半期決算と受注状況を受けて、住宅建設株に買いが入ったこと、中国が追加の刺激策を実施するとの観測から原油価格が上昇して、エネルギーセクターにも買いが入ったことで、一時112.20ドル高の12646.87ドルまで上昇しました。

 問題は、この後も買いが続くかどうか…

 目前に転換線や一目均衡表の厚い雲が迫っているので、ここで買いが続くようなら爆騰も?

 そして、原油は、米5月耐久財受注や5月中古住宅販売保留件数指数が市場予想を上回る結果となったことを受けて、世界最大の石油消費国である米国の原油の需要減少に対する懸念が後退したことで、80ドルの大台を超えてきました。

 その後、石油在庫統計で、原油在庫が予想を大きく下回る取り崩しにとどまったことや、ガソリン在庫が積み増しとなったことから、上値は重くなりましたが、チャートを見ると底固めの雰囲気を醸し出しているので、ここからの爆騰には要注意…

 また、金は、中国が経済成長を促進するためより積極的な政策を公表する可能性があると伝わったことで、中国の金の消費増加が期待されたことで、上場しています。

 チャート上は、まだ一目均衡表の厚い雲の下に位置していますが、この水準をクリアしてくれば、買いが繋がりそうですね~

 とりあえず、“金星の逆行”が終わるので、大きな“変化”には注意しておきましょう。

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日で“金星の逆行”が終わる…


 明日で1ヶ月半続いていた“金星の逆行”が終わります。

 この後、どんな動きを見せるのでしょうか?

 本日のNY市場では、あまり動きはなかったですが…

 そんな中で、ユーロは…

 さえないスペイン債入札を受けて同国の国債利回りが上昇したことや、格付け会社ムーディーズがスペイン国債をジャンク級に格下げするとの話題で、上値を抑えられていましたが、市場予想を上回る米4月S&P/ケースシラー住宅価格指数の結果や、NYダウの反発スタートでリスク回避姿勢が緩和して、買いが入りました…

 が、メルケル独首相が「自分が生きている間に、欧州が債務を共有することはない」と発言したことで、ユーロドルは8日以来の安値となる1.2441ドルまで下落…

 その後は、NYダウの上昇や、「ユーロ加盟国がESMの優先債権者の地位除外を検討」と報じられたことや、独与党連立政権が、ESMが各国の銀行支援基金に直接資金を注入できるように法律の改正を提案すると伝わったことで切り返しています。

 後は、28-29日に開かれる欧州連合首脳会議での結果待ちか?

 そして、NYダウは、原油や天然ガス価格が堅調に推移していることを背景にエネルギーセクターに買いが入たことで、一時73.75ドル高の12576.41ドルまで上昇しましたが、欧州債務問題への不透明感が残っているために、買いは続かず…

 チャートを見ると、一応は基準線で止まっているので、このまま上昇すれば買いが繋がるかも…

 また、原油は、米4月S&P/ケースシラー住宅価格指数が前年同月比1.9%低下と2010年11月以降で最小の低下率となったほか、石油在庫が減少しているとの観測が広がったことを材料に買いが優勢に…

 今の底練りで、値を固めてくれば、ハリケーンシーズンということや下げ過ぎによる買い戻しもプラスされて、暴騰することもあり?

 金は、28-29日開催の欧州首脳会合に対する警戒感や、メルケル独首相の自身が生きている限り債務の共有はないとの発言を受けて、ドルが対ユーロで強含んだことが重しとなり、売られています。

 チャートを見る限りでは、一目均衡表の雲や基準線で叩かれているので、上値の重さは如何ともしがたいですね…

 後は、“金星の逆行”が終わってからの“変化”に期待か…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日…


 今日は、時間の関係でコメントは書けず…

 明日…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

戻せるか?


 週末のNY市場は、全面高でした…

 ダウは、21日の引け後に格付け会社ムーディーズが米金融機関を含む15行の格下げを発表したことで、金融セクターの格下げ観測の不透明感が払しょくされたことや、ユーロ圏財務相会合で銀行同盟の実現に向けた取り組みが協議されたことや、EU首脳会議を控えて、欧州問題への対策が前進するとの期待が高まったことで、一時100.51ドル高の12674.08ドルまで上昇しました。

 チャート上は、高値を転換線で叩かれた形になっていますが、この水準を超えて、再度一目均衡表の雲をトライするかが目先の焦点では?

 そして、原油は前日の大幅安の反動を受けた買い戻しやダウの上昇、ECBが受け入れ担保を拡大するとの方針を示したことで欧州に対する懸念が和らいで、ドル安が進んだこともあり、上昇しています。

 また、メキシコ湾岸で熱帯性暴風雨の脅威が強まっていることを受け、石油施設の避難が始まったことも買いを後押しか…

 ソロソロ、ハリケーンシーズンに入ってきますし、ちょうど安値を出してくれたので、上げやすくはなっているのかな?

 金は、独6月Ifo景況感指数が約2年ぶりの低水準まで悪化したことや、スペイン10年債利回りが、15年ぶりに7%を上回る水準まで上昇したことが引き続き重しとなって、欧州に対する先行き不安からの資金の逃避先としての買いが入って上昇しています。

 今回は、完全なダブルトップで暴落しましたが、この水準で止まってくれば…

 とりあえず、今週は28日で“金星の逆行”が終わりますし、その近辺での“変化”には要注意!


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暴落…


 本日のNY市場は、大暴落…

 “新月”が戻り高値になったのでしょうか?

 それとも、大底を形成しての暴騰への序章か?

 NY市場では、ダウが大暴落…5月中古住宅販売件数や6月フィラデルフィア連銀製造業指数の結果が予想を下回ったことや、ムーディーズが取引終了後に主要金融機関の格下げを発表するとの観測が浮上したこと、GSが足もとの軟調な経済指標の結果を踏まえて、S&P500のショートポジションを推奨したこと、また、6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)・速報値が景況感の分岐点となる50を8カ月連続で下回ったことで中国からの需要が警戒されて、ダウは一時262.93ドル安の12561.461ドルまで下落しました。

 チャートを見ると、完全に一目均衡表の雲で上値を叩かれてしまいまし、週足を見ても再度、転換線・基準線を割り込んでいます。

 良く言いますが、大陰線の後の足が非常に重要になってくるので、今晩のNY市場の動きには要注意…

 そして、原油も2日連続で大暴落…前日の石油在庫統計での原油在庫の積み増しやFOMC声明での量的緩和実施の見送りに加えて、発表された中国や米国の経済指標が軟調な結果となったことで、世界的な原油の需要減少が懸念されたことから下落。引け間際に78.057ドルまで下落幅を広げて本日の安値をつけて、終値も3.25ドル安の78.20ドルと終値ベースでは昨年10月4日以来の安値となっています。

 チャートを見ると、結局は去年と同じ動きをしているんですよね~

 去年は、ゴールデンウィーク後から下げに“変化”して、114.83ドルから74.95ドルまで…

 さぁ、今年は?

 また、金も暴落…前日のFOMCで量的緩和の実施が見送られたことでが、引き続き失望売りとなり、インフレヘッジとしての金の魅力が後退したことも売りにつながって、金は今年の上昇分を帳消しにしてしまいました。

 結局は50ドル以上の下げ…

 凄い…

 問題は“新月”で、どっちに“変化”したのか?

 “金星の逆行”は、来週の28日まで続きますしね~

 しかし、綺麗に一目均衡表の雲で叩かれましたね…転換線・基準線も割りこみましたし…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“夏至”です…


 今日は“夏至”です。

 そして、昨日は“新月”…

 FOMCが終わり、やっぱりというか何というか…

 結果は期待外れに終わり、暴落…

 その後は、何とか安値から切り返していましたが、この上げが続くかどうか…

 切り返してくれば、“新月”“夏至”でのボトムとなりますが、それでなければ、下げの加速への“変化”ということになりますね~

 さぁ、どうなる?

 では…

 NY市場では、ダウ・原油・金ともに下落しています。

 ダウは、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明ではオペレーション・ツイストが年末まで延長されることが決定して、一時39.85ドル高の12877.18ドルまで上昇しましたが、その後は規模が2670億ドルと予想の下限だったことから、下げに転じました。ただ、FRB議長が「労働市場の改善がみられなければ必要な措置を講じる準備」と言及したことで、最後は値を戻しています。

 チャートを見ると、一目均衡表の雲に上昇を阻まれている形に見えますが、この水準を抜けてくるようだと一段高もあり?

 そして、原油は石油在庫統計で、原油在庫が予想に反して積み増しとなり、1990年7月以来の高水準まで増加したことや、FOMC声明で、成長や雇用の見通しが下方修正されて、米国の原油の需要減少が懸念されたこともあり、暴落しています。

 チャート上は、またもや転換線で叩かれた形になるので、この水準を抜けるまでは、厳しいんですかね~

 また、金は、FOMC声明で、ツイストオペの今年末までの延長が発表されたものの、市場で期待されていた追加の緩和策には踏み切られなかったこともあり、失望売りに…

 声明発表後には1590.50ドルまで売り込まれましたが、その後は一旦は1620ドル前後まで買い戻されています。結局は、引け際に売られましたが、転換線にタッチしてから20ドル以上の下ヒゲを残しているので、問題は今晩のNY市場で買いが続くのかどうか…

 ここで、切り返してくれば“新月”“夏至”での“変化”となりますがね~

 来週の28日には“金星の逆行”が終わりますし、この1週間は重要な週になりそうです。

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“新月”…


 今日は“新月”です…

 そして、FOMCもありますし、大きな“変化”が起るのでしょうか?

 個人的なことですが…

 一昨日から目が痛痒くて…

 で…

 結果…

 ものもらい…

 しかし、よくものもらいになるな~

 と思います…

 なので、書こうと思ったんですが、暑いし、痛痒いし…

 病院に行ってきます。

 とりあえず、今晩の結果によっては大きく振れるでしょうから、気をつけておきましょう…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

台風接近…


 台風が接近しています。

 みなさん…気をつけましょう。

 そういえば…

 昨日、私の以前の先輩の会社(プラティニ)がなくなるという話を聞いたので、プラティニに電話しました。

 本人は、いつものように変わらず?元気でしたが、次の職場はまだ未定とのことです…

 早く決まればいいんですが…

 あの知識は、捨てがたいですよね~

 テクニカルの知識も凄いし…よく分からない時には聞きに行ったから…

 では、話をも戻して…

 明日は“新月”です。

 そして、FOMC…

 前回のバーナンキショックと同じ流れになるのか?

 それとも、QE3での爆騰か?

 来週の木曜日には“金星の逆行”が終わりますし、夏本番を前にしての大きな“変化”が起るのでしょうかね~

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ギリシャ選挙…


 今日は、朝からリスクオン…

 このままの流れが続くのでしょうか?

 と…色々と書くこともありますが、本日は多忙のため明日以降に…


  

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

最近は…


 最近は、肌寒い日が続きましたね~

 ということで、風邪には十分注意しましょう。

 では…

 本日のNY市場は、全面高でした。

 ダウは、新規失業保険申請件数の結果は予想より弱かったですが、米金融緩和期待が浮上して、相場を下支えしたことや、「17曰のギリシャ再選挙後に各国中銀は必要に応じ協調的な流動性供給を行う準備を進めている」、「来週早々にメキシコでG7が緊急ミーティングを開催する可能性」、「英中銀・政府は信用状況の強化に向けて強調行動へ」などの報道で、一時202.30ドル高の12698.68ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、崩れかけたところで、一気に基準線を抜けてきましたし、再度上値を目指してくる展開に?

 そして、商品も上昇しています。

 原油は、米雇用指標が軟調な結果となったことで、米当局による景気刺激のための金融緩和観測が高まり、上昇。その後、石油輸出国機構(OPEC)で、生産目標を曰量3000万バレルに据え置くことが発表されましたが、市場では織り込み済みだったこともあり、あまり動かず…

 問題は、今日のNY市場で転換線を越えてくるかどうか…

 再度、ここで再度叩かれると80ドル割れも?

 また、金は米経常収支の赤字拡大や弱い米雇用指標の結果を受けて、資金の逃避先としての金買いや、米当局が景気浮揚のため行動するのではないかとの観測からのインフレヘッジとしての金買いもあり、上昇。

 コチラは、目先は一目均衡表の厚い雲で、叩かれるかどうか…

 来週は、20日が“新月”で21日が“夏至”となりますし、FOMCも控えているので、大きな“変化”には十分注意しておきましょう。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

またもや、格下げ…


 今朝がた、またもや格下げが…

 一体、ユーロはどこに行くのでしょうか?

 NY市場では、ダウ・原油が下落して、安全資産の金が上昇しています。

 ダウは、5月小売売上高の発表での結果が前月比マイナス0.2%となったうえに、4月小売売上高の結果が前月比マイナスに下方修正されたことで、直近2年で初めて2回連続でマイナスの伸び率となったことが嫌気されたことや、17曰のギリシャの再選挙を控えて、ユーロ圏で預金流出の動きが加速して、直近では曰々6億−9億ユーロのペースで引き出されているとの報道を受けて、欧州問題への警戒感が高まったことなどで、一時120.11ドル安の12453.69ドルまで下落しました。

 チャートを見ると、再度基準線で叩かれて、ローソク足でも前日の高値を抜けることが出来なかったので、今晩のNY市場で今朝がたの格下げが材料視されるようだと、深押しも?

 そして、原油は米5月小売売上高が2カ月連続で減少したことで、米経済成長の鈍化に伴う原油の需要減少が懸念されたことや、国際エネルギー機関(IEA)による2012年の世界の石油需要見通しの下方修正などを背景に売られています。

 その後、米エネルギー省(EIA)の在庫統計で、ガソリン在庫と暖房油を含む中間留分が予想に反して取り崩しとなったことから買いがはいりましたが、戻りは84.01ドルが一杯に…

 チャート上も、転換線で再度叩かれていますし、まだまだか?

 また、金は予想より弱い米5月小売売上高や同5月生産者物価指数の結果を受けて、米当局が成長を刺激するための措置を取るのではないかとの観測が広がったことで、インフレヘッジとしての金の魅力が高まったことから買いが入りました。

 日柄的には、このままの水準で推移すると一目均衡表の雲に入り込んできますし、来週の“新月”がヤマか…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

上げ…賛成?


 本日のNY市場は、全面高…

 NYダウは、格付け機関のフィッチがスペイン銀行18行の長期・自国通貨建て発行体デフォルト格付けを引き下げたことが嫌気されましたが、ECBが欧州はバンキング・ユニオンを創設する必要があると再度指摘すると、新しい預金保護システムの設立が前進するとの期待も広がったことで、一時165.79ドル高の12577.02ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、基準線や直近の高値で止まっているので、ここで抜けるか抜けないかで流れが大きく“変化”しそうです。
 
 ダブルトップになるか、それとも一気に上抜けるか?

 そして、商品の方も安値から一気に切り返してきています。

 原油は、米政策当局が追加の刺激策を講じるとの観測が広がったことで、景気回復に伴う原油の需要増加が期待されたことや、製油所の稼働率拡大に伴って、原油在庫が減少するとの見通しが聞かれたことで、上昇しています。

 ここで、ダウが一気に噴けば原油も上がってくんでしょうが…

 まだ、弱いか?

 また、金は1600ドル以下での割安感が意識されたことや、スペインに対する懸念から安全資産としての金の魅力も高まったことで、大幅高に…

 さぁ、買いがつながるか?

 それとも、一目均衡表の雲に阻まれるか?

 来週の“新月”まで目が離せませんね~

 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日までは…


 明日までは、書けないかも…

 火曜日は特に忙しいので、まだ書けません

 ちなみに来週の20日は“新月”で21日は“夏至”になります




テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

書けず…


 今日は、朝から忙しく…

 書けず…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

上に下に乱高下…


 昨日は、だいぶ大きく動きましたね~

 スペインの国債入札が、無事に終わったと思ったら、サプライズな中国の利下げで上昇…

 しかし、その後はバーナンキの議会証言で失望売り…

 その流れを朝方も受け継いで、下げが加速…

 一体、どっちに転ぶのでしょうか?

 買わされて、売らされて…再度売らされたと言うことは…

 一旦は、戻すかな?

 色々と書きたいことはあるんですが、時間の関係でここまで…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウが爆騰!


 本日のNY市場では、ダウが爆騰しています。

 ダウは、景気回復の先行きに不透明感が増すなかで、著名投資家バフェット氏が5曰夜に開催されたエコノミック・クラブで米国が再びリセッションに陥る確率は非常に低いと前向きな見方を示したことや、アトランタ連銀総裁が追加の金融緩和の可能性について示唆したほか、WSJが米当局による追加緩和の可能性を報じたことで、同政策への期待が高まったことで爆騰…

 また、ECB総裁があらゆる展開を注意深く監視していき、「行動の用意はある」と言及したことも、相場のセンチメント改善につながり、米欧の追加緩和期待が高まったことで、ダウは一時286.84ドル高の12414.79ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、先日の大陰線を包んで、転換線をも抜けてきているので、上昇し易くはなったかな?

 そして、商品の方では原油・金ともに上昇…

 原油は、ロックハート米アトランタ連銀総裁が追加緩和の必要性に言及したことで、景気の回復に伴う原油の需要増加期待が高まったことや、ドラギECB総裁が「ECBは行動する準備がある」と発言したことでドル安・株高が進んだことで買いが続きました。

 チャート上は、すぐ上にある転換線を抜けるかどうかが問題か?

 金は、米金融当局による追加緩和実施への観測が高まったことや、ECBがオペでの応札額全額供給を少なくとも2013年始めまで継続すると発表したことを受けて、インフレヘッジとしての金の魅力が高まったことから上昇。

 チャートを見ると、完全に上値の抵抗ラインを抜けていますが、目先はいちもく均衡表の雲が一つのポイントでしょうか?

 今晩はバーナンキの議会証言…一体、どんなドラマが待っているのか?

  

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

円安…


 今日は円安… 

 そして、NY市場ではダウ・原油が小幅高で、金は下落となっています。

 為替を見ると… 

 G7電話会合後に、安住財務相が「株安・円高が曰本経済にダメージと伝えた」ことを明らかにしたほか、「為替の過度な変動や無秩序な動きは経済・金融に悪影響を与える。為替市場の行動に関して、緊密に協議し適切に協力する」とした昨年9月のG7での合意事項の共有を確認したと述べたことや、米5月ISM非製造業景況指数が53.7と、市場予想53.4より強い結果となったことで、米国経済に対する悲観的な見方が後退してのリスク回避の巻き戻しの流れを受けて、円安に…

 しかし、今後はECB理事会や米地区連銀経済報告(ベージュブック)の公表、バーナンキFRB議長の議会証言と重要なイベントが続くこともあり、急変には十分な注意が必要ですね~

 ダウは、序盤は売りが先行して、一時30ドル程度下落しましたが、予想より強い5月ISM非製造業景況指数の結果を好感して、買いに反転。その後も、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)がスペインへクレジットラインを設定する準備をしているとの報道もあり、引けにかけては46ドル程度上昇しました。

 問題は、ここで止まるかどうか…

 今週のチャートが、週足で陽線となれば買いが続くと思いますが…
 
 さぁ、どうなる?

 

 
 

 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は…


 今日は、時間の関係でお休み…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“満月”…


 今日は“満月”です。

 そして、週末に発表があった注目の米雇用統計は…

 ネガティブサプライズとなり、NYダウも原油も大暴落しています。

 今後の動きはどうなるのでしょうか?

 ダウは、5月雇用統計・非農業部門就業者数が前月比6万9000人増となり、事前予想の15万5000人増を大きく下回ったことや、中国の5月製造業PMIの結果が年初来の低水準となったほか、4月のユーロ圏の失業率が11%と、1999年のユーロ導入後の最悪を記録したこともあり、一時285.97ドル安の12107.48ドルの大暴落…

 チャートを見ると、転換線から一気に叩き落とされました…週足でも、基準線を割り込んで…

 上昇することはあるのでしょうか?

 また、商品の方では原油が暴落して、金が暴騰と両極端の動きを見せています。

 原油は、米雇用統計の悪化や中国の5月製造業PMIや4月のユーロ圏失業率が軟調な結果となったことで、世界的な景気の後退に伴う原油の需要減少が懸念されたことから暴落…終値で3.30ドル安の83.23ドルと終値ベースでは昨年10月7曰以来の安値となっています。

 しかし、たったの1ヶ月で106ドルから82ドルまでの大暴落…去年を思い出しますね~

 そして、金は弱い米雇用統計の結果を受けて米金融当局による景気押し上げのための追加緩和実施への期待が高まり、インフレヘッジとしての金の魅力が高まったことや、ダウの大幅下落に伴っての資金の緊急避難先としての安全資産買いで、爆騰しています。

 目先は、一目均衡表の雲が立ちはだかっているので、ここからの動きには要注意です。

 とりあえず、今日は“満月”で、明日は“茫種”となるので、急激な“変化”には十分注意しておきましょう…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は、米雇用統計…


 今日は、米雇用統計の発表です。

 そして、NY市場も動きましたね~

 書きたいことはあるんですが、今日は時間がない…

 月曜日は“満月”…

 下げが加速するのか?

 それとも、爆騰か?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。