スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱高下…


 昨日は、とんでもなく動きましたね~

 雇用統計WEEKですし、来週の月曜日は“満月”になりますし、急激な“変化”には十分注意が必要です。

 NY市場では、ダウ・原油が暴落しています。

 ダウは、スペインの銀行から個人・法人が預金を引き揚げる動きを続けて、スペイン銀行の預金額は欧州債務危機が始まって以来の水準まで低下したことや、欧州中央銀行(ECB)が大手銀バンキアの資本増強に対する支援を拒否した模様との報道が流れて、スペインに対する懸念が拡大したこと。さらに、イタリアの入札で発行額が目標上限を下回ったことや、ギリシャの世論調査で歳出削減に反対する政党への支持が高まったことなども重しとなり、一時184.29ドル安の12396.40ドルまで下落しました。

 辛うじて、直近の安値は割っていませんが、再度転換線を割りこんでくるなどと流れは悪い…

 今晩のADP雇用統計や週末の米雇用統計の発表次第では大きく“変化”を起こすこともあり?

 一応、週足では一目均衡表の雲の捻じれの時間帯に入っているので、ユーロ絡みでの暴騰・暴落には要注意。

 そして、商品の方では原油が暴落して、金は安値から急反発…

 原油は、スペインをはじめとした欧州の債務危機の深刻化が懸念されていることや、米原油在庫が1990年以来の高水準まで増加しているとの見通しがあり、暴落。

 以前も書きましたが、前回の時の暴落時も下げ方は凄かったですから…

 当時の下げ幅から比べると、まだ下げ余地は残っているんですがね~

 せっかく、上昇気流にのりそうな所からの暴落ですから、買い方にとっては厳しいでしょう。

 ここで、踏ん張れるかどうかが、問題です…

 逆に金は、安値から長い下ヒゲをつけての急反発。

 一気に上昇に“変化”出来るか?

 先ほども書きましたが、来週は“満月”の週ですし、気をつけないと…


スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロはダメ?

 またもや、ユーロが下げています。

 しかし、ダウは暴騰…

 さぁ、どうなる?

 ダウは、中国のインフラ投資への融資が加速しており、中国・国内からの需要が減速するとの懸念が後退して、一時156.78ドル高の12611.61ドルまで上昇しました。

 チャート上は、転換線を上抜けて来たので、このまま買いが続けば良い感じに上がってくるんですがね~

 そして、商品の方は全面安…

 原油は、格付け会社イーガン・ジョーンズがスペインの格付けを「BBー」から「B」へ引き下げたことを受けてユーロが対ドルで2010年7月以来の低水準まで弱含んだこともあり、高値からは値を削っています。

 チャートを見ると、転換線で上値を抑えられての長い上髭陰線…

 良くないですね~

 週足でも、一目均衡表の雲を下抜けていますし、ダウが引っ張ってくれないと早々と去年のように暴落しかねません。

 また、金も原油同様に格付け会社イーガン・ジョーンズのスペイン格下げを受けて、ドルが他の主要通貨に対して全面高となり、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことから暴落。

 こちらも、良い感じで上がってきていたんですが、再度転換線を割り込んできてしまっています。

 買い方が、一気に気持ちを折られたような下っげっぷり…

 まだまだ、行くか?

 来週の“満月”までは、厳しいのでしょうかね~


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

休場明け…


 NY市場の休場が明けて、今晩はどう動くのでしょうか?

 ユーロ絡みでの乱高下も予想されますし…

 為替は、スペインの金融システム不安が尾を引いていることで、ユーロをはじめ主要通貨は対ドル・対円で上値の重い展開に…

 この後は、欧州勢が参入してからのスペインをはじめとした欧州への懸念の高まりを確認しながらの展開となるんでしょうがね~

 まぁ、本日も欧州の主要経済指標の発表は乏しいことから、市場の注目は金融システム不安への懸念が露呈したスペイン情勢になりそうですし、今後も、ユーロを中心としたリスク回避が進むかに警戒しておく必要がありそうです。
 
 とりあえずは、今晩NY市場に注目。

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は、朝からバタバタ…


 今日は、朝からバタバタ…

 書く時間がありません。

 明日は書けるかな?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

忙しい…


 今日は朝からバタバタ…

 と言うことで、書けず…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暑い…


 今日も暑いですね~

 そして、ユーロが凄い…

 一体、どんな結末を見せるのでしょうか?

 でも、以前から言われていることなんですけどね~

 楽観で買われて上昇しましたが、別に上げる必要もなかったと思うんですが…

 上げるから、ここまでの暴落があるんだからね~

 前にも書きましたが、乱高下しなければ、手数料にならないからしょうがないんだけど…

 結局、下げるなら…上げるなよ!

 では…

 NY市場では、ダウは前日比では小動き。

 しかし、1日の動きは凄かったですね~

 序盤戦は、パパデモス元ギリシャ首相がギリシャのユーロ離脱の可能性を示し、ギリシャのユーロ離脱コストが5000億から1兆ユーロの公算と指摘したことが嫌気されたことや、ギリシャのユーロ離脱に備えて、ユーロ圏各国が個別に対策を用意する必要があるとの認識で当局者が合意したとの報道もあり、欧州リスクが再燃して、ダウは、一時191.25ドル安の12311.56まで下落しました。
 
 その後は、欧州首脳サミットの開催を控えて、イタリア首相と仏大統領の間で欧州経済を促進するためにユーロ共同債を含め、あらゆる手段を検討することで合意されたことや、一部欧州国で預金が流出していたが、独首相がユーロ圏の預金を保証する提案をする模様との観測も伝わり、ダウは一気に急伸…

 チャートを見ると、随分と長い下ヒゲを引きましたね~

 週足だと、基準線で止まっていますし、ちょうど一目均衡表の雲の捻じれの時間帯に入って来ますし、“変化”をしてもいいのかな?

 “新月”“小満”“金環日食”から3日目…

 “変わる”か?

 そして、商品の方では原油・金が暴落しています。

 原油は、石油在庫統計で、原油在庫が前週比で予想を下回る積み増しとなったものの、22年ぶりの高水準まで増加したことや、イランの核施設への査察受け入れ合意に向けて原油の供給障害懸念が和らいだことで暴落し、
一時89.28ドルまで下落幅を広げて昨年11月1日以来の90ドル割れを…

 去年と同じ流れで、このままズルズルと下げていくのでしょうか?
 
 金は、ギリシャがユーロから離脱するとの観測が強まるなか、欧州の債務危機が深刻化するとの懸念からドルが他の主要通貨に対して強含んだことで、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことで、売られています。

 チャートを見ると、基準線で上値を抑えられてからの転換線割れ!

 良くないですね~

 “新月”が戻り高値になったのか?

 早急に上昇しないと、再度大幅安に…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は…

 
 今日は、時間の関係でお休み…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“新月”“小満”が過ぎて…


 昨日は“金環日食”でした…

 ほとんどの方は、ご覧になったと思いますが、ごく一部の方は天気の影響で見ることが出来ず…

 そして、今日は朝から雨です。

 昨日晴れてよかったですね~

 では…

 NY市場では、ダウ・原油が上昇しています。

 これが、一過性のものなのか?

 それとも、“新月”“小満”で“変化”したのか?

 ダウは、先週末のG8で首脳らがギリシャはユーロを離脱すべきではないとの見方で一致したことで、ギリシャのユーロ離脱懸念がやや後退したことや、成長が減速すると懸念されていた中国が成長促進に取り組むと表明したことが好感されたことで、一時140ドル高程度上昇しています。

 チャートを見ると、一目均衡表の雲のねじれの時間帯に入っているので、目先の“変化”には要注意か…

 そして、原油もダウ同様の材料で上昇しています。
 
 逆に金は、中国の温家宝首相が、先を見越した財政政策や慎重な金融政策を実施し経済を支援していくとの認識を示したことや、独仏の当局者が、ギリシャをユーロ圏にとどめるために取り組むことで合意したことから、資金の逃避先としての金の魅力が後退して下落…

 チャート上は、転換線を抜けてきていますが、安値から100ドル近くの戻りを見せていますし、基準線で止まっているので、この水準を抜けてくるかが問題ですね~

 以前も書きましたが、“金環日食”までは暴落して、その後は暴騰する傾向が高いということの加味すると…

 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“新月”…そして、“金環日食”


 今日は、朝から日本中が大騒ぎでした…

 そう…“金環日食”…

 私も朝5時に息子に起こされて、学校の近くまで車でゴー

 しかし、運が悪いことに神奈川県は雲は厚く、しかも雨がパラパラ…

 これでは、見れるわけがない…

 場所を移して、東京方面まで行こうと思いましたが、学校があるし…

 結局、晴れるのを期待してその場で待機…

 と…その時!

 空から光が…

 雲の隙間から太陽が~

 と、期待していましたが…

 周りは雲だらけ…

 結局…

 “金環日食”が終わってからお天気に…

 随分前から、肉眼で見て写真を撮ると楽しみにしていたので可哀想だったな~

 では、話を戻して…

 今日は“新月”で“小満”です。
 
 ここから切り返すのか?

 それとも、再度叩かれるのか?

 さぁ、どうなる?

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

来週21日は“金環日食”“新月”です


 来週の21日は、待ちに待った“金環日食”です…

 私の息子も、随分前から楽しみに待っていたので、何とか晴れてほしいものです。

 朝から友達と待ち合わせて、高校には行く前に見るみたいですがね~

 一大イベントなんだから、学校でも何か考えてくれればいいのに…

 では、話を戻して…

 本日のNY市場は、大荒れでした。

 為替は一気に円高に振れるし、ダウは大暴落…

 やっぱり“金環日食”の年は暴落するんですね~

 しかし、その後は“変化”して暴騰してるので、それがいつになるのか…

 買い方は、相当やられているみたいですが、このぐらいで許してくれるのでしょうか?

 ダウは、完全に下抜けてしまいましたし…

 上げに出発点まで行くのかな?

 今日は、時間の関係でここまで…

 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“金星の逆行”が始まり…


 昨日から“金星の逆行”が始まりました…

 一体、どんな“変化”を見せるのでしょうか?

 NY市場では、下げが止まりませんし…

 ダウは、予想より強い4月鉱工業生産や4月住宅着工件数の結果を好感して、買いが先行し、一時90ドル高程度まで上昇しましたが、ECBがギリシャの一部の銀行への金融政策オペレーションを中止したと報じられると、ギリシャの銀行システムが警戒されて、徐々に上値を縮小…

 その後のFOMC議事録で「数人のメンバーは回復が失速すれば追加緩和が必要と指摘」、「1人のメンバーがツイストオペの延長が適切と発言」などが明らかになっても、反応は一時的となり、引けにかけては売り込まれて、結局は当日安値圏で終了。

 そして、商品の方では原油が、EIAの在庫統計において、原油在庫が前週比で予想を上回る積み増しとなり、1990年以来の高水準となったことや、前日にギリシャの連立協議が失敗して、欧州債務危機が悪化するとの懸念が強まったこともあり、大幅安に…

 また、金も原油同様に暴落…買いにつながりそうな材料が連発すればいいんですが…

 ナカナカ…結局は、以前書いたように直近の安値を試す展開になってしまいました。

 今回の“金星の逆行”で、底打ちにはならなかったのでしょうか?

 来週の月曜日は“新月”で、しかも“金環日食”となります。

 その辺りがポイントになるんですかね~

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日から“金星の逆行”…


 今日から“金星の逆行”が始まります。

 さぁ、下げが加速するのか?

 それとも、爆騰か?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日から“金星の逆行”…


 明日から“金星の逆行”が始まります。

 そして、来週21日は“金環日食”…

 この“金環日食”の年は暴落すると言われていましたが、まさにその通りになっています。

 しかし、その後は一気に暴騰へと“変化”するみたいですから…

 色々と書きたいんですが、今日は時間がないです。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

全面安…


 全面安…

 まだまだ、安いんですね~

 一体、どこまで?

 NY市場では、ダウ・原油・金ともに下落しています。

 ダウは、10日の取引終了後にJPモルガンがヘッジ取引の失敗で20億ドルの損失が発生したと発表し、今後もポジション解消に伴い損失が拡大する可能性があるとのことで、一時75.76ドル安の12779.28ドルまで下落しました。

 その後は5月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値が4年ぶりの高水準となり、一転して63ドル高程度まで上昇したものの、引けにかけてはJPモルガンの損失をきっかけにボルカールールが強化されるとの見方から、売り込まれてしましました。

 チャートを見ると、再度一目均衡表の雲の下限で高値が弾かれてしまっているので、場合によっては一段安もあり?

 そして、原油は中国の主要な経済指標が市場予想を下回る弱い内容となったことで、同国の経済鈍化懸念が高まったことから資源需要の減少が嫌気されたことや根強い欧州に対する不安や、JPモルガンの巨額損失の話題が伝わったことで、リスク回避姿勢を促し下落…

 チャートを見る限りでは、95ドルのラインで止まっていますが、割り込んでくると下げに勢いがつきそうですから要注意ですね~

 また、金も原油同様の材料で下落…

 チャートを見ると、週足でも一目均衡表の雲を割りこんでしまったので、一応直近の安値の1523ドルは頭の片隅に入れておいた方がいいかな?

 でも、下ヒゲが続いてくるなら話は別…

 16日から“金星の逆行期”に入るので、暴騰することも…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

来週は…


 戻りそうで、戻らない…

 これで、足場を固めてくればいいんですが…

 時間がないので、来週…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

全面安…


 本日のNY市場は、全面安です。

 ダウは、ギリシャ政局の混乱に対する懸念が引き続き残るなか、ダウ平均は売りが先行…スペイン国内銀行が不良債権に対して追加で引当金を計上する規模が十分ではないとの見方や、銀行救済に450億ユーロ程度が必要になる可能性、また、WSJがユーロ圏諸国がギリシャ支援延期の可能性を協議と報じたことで、ダウは一時183.61ドル安の12748.48ドルまで下落しました。
 
 しかし、その後は8日に引き続き100日移動平均線が意識されて、押し目買いが入ったことや、EFSFがギリシャへ52億ユーロの融資を決定したことが明らかになると、12ドル安程度まで戻す場面がみられましたが、引けにかけては、ギリシャ急進左派連合(SYRIZA)が連立政権の樹立を断念すると、ギリシャ政局の混乱が再び意識され、売りが拡大。

 チャートを見ると。完全に一目均衡表の雲を下抜けてしまったので、早急に値を戻さないとトコトン下げてくるのでは?

 また、原油はギリシャの政権交渉難航や、スペイン大手銀行の一部国有化など、欧州に対する懸念が高まり、リスク回避や需要減少の思惑から6営業日続落し、一時95.17ドルまで下落して、昨年12月20日以来の安値をつけました。

 その後は米エネルギー省(EIA)が発表した在庫統計で、原油在庫が市場予想を上回る積み増しとなったものの、ガソリンや中間留分は大幅な取り崩しになったことで、材料出尽くしや、ガソリン在庫減少を材料に買い支えられると、取り引き終了間際には96ドル後半まで水準を回復…

 チャート上は、これで長い下ヒゲが3本付いていますし、改質ガソリンが上昇しているので、場合によっては急騰も?

 そして、金はギリシャで政権交渉が難航していることや、スペインの大手銀行が一部国有化されるとの話題を受けて、リスク資産としての金に対して逃避的な売りが強まったことや、ドルがユーロに対して強含んだこともで、ドルの代替資産としての金の魅力を後退させ、3営業日続落し、一時1578.50ドルまで大幅に下落。

 その後は、懸念されていたEFSFによるギリシャへの支援金52億ユーロが支払われることが決定されて、ユーロやダウが持ち直し気味で推移したことで、1595ドル近辺まで反発して終了しましたが、昨年12月下旬以来に終値で1600ドルの大台を割り込んでいます。

 指数的には、良いところまで来ていますが、もう一段の下げには十分注意しておきましょう…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は…

 今日も大荒れ…

 書きたいことも色々とあるんですが…

 今日は時間がないので…

 明日以降に…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

流れが変わるか?

 “満月”が過ぎて、流れが変わるか…

 一応は、安値を付けてからの戻りを見せていますが、これが一過性の戻りなのか?

 NY市場では、ダウは小動きで原油・金は下げています。

 さて、どうなる?

 ダウは、6日に実施されたフランス大統領選で緊縮財政に反対を表明するオランド氏が勝利したことや、ギリシャ総選挙でも緊縮財政策を受け入れた連立2与党が過半数を確保できない結果となり、欧州財政の建て直しが遅れるとの懸念が上値を重くし、一時53.36ドル安の12984.91ドルまで下落しました。

 しかし、著名投資家バフェット氏が、先週末から一部株式を買い増したことを明らかにすると、市場のセンチメントが改善。また、スペイン政府が国内銀行のバンキアを含む銀行を救済する方向で動いていることから、システミックリスク懸念が後退して、米金融株に買いが入り、ダウは一時的に先週末終値を回復する場面がみられましたが、引けまでは勢いが続かず…

 チャートを見ると、基準線割れを見せていますし、このまま上値が重いと一気に値崩れも…

 原油は、仏・ギリシャで実施された週末の選挙結果を受けて、欧州の債務削減の進展に懐疑的な見方が高まったことで、リスク回避的な動きで為替市場におけるユーロ安・ドル高の動きも嫌気されて下落。

 また、欧州の景気後退が石油需要の減少につながるとの思惑も売りを誘って、時間外取引で一時昨年12月以来の安値となる95.34ドルまで下落する場面も…

 チャート上は、相当長い下ヒゲを引いていますし、ここで上昇に転じてくればある程度の戻りはあるかもしれませんが、今晩の在庫発表の結果次第では、再度安値を出すこともあり?

 そして、金は、仏・ギリシャの選挙結果を受けて、欧州の債務問題に対する不透明感が高まったことから、為替市場においてドルが対ユーロで上昇して、ドルの代替資産としての金の魅力が後退して下落しています。

 ここで、踏ん張るか?

 それとも、再度売り込まれるか?

 “満月”でどう“変化”するのでしょうかね~

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

昨日は“満月”…

 昨日は“満月”でした…

 そして、ゴールデンウィーク明けの東京市場は、去年同様に暴落しています。

 週末のNY市場では、ダウ・原油は下落して、金は上昇…

 ダウは、4月雇用統計・非農業部門雇用者数の結果が予想を下回ったことで、雇用回復ペースの鈍化が懸念され、ダウは売りが先行…また、フランス大統領選の決選投票とギリシャ総選挙を6日に控えて、両国とも緊縮財政に反対を表明する候補者が優勢となっており現職が敗れれば、欧州財政の建て直しが遅れるとの懸念も重しなり、一時184.25ドル安の13022.34ドルまで下落しました。

 チャートを見ると、再度転換線を割り込んで一目均衡表の雲の中に入り込んでいるので、このまま下げていくのかが今後の問題です…

 一応は、基準線でサポートされていますが、この水準を割り込んでくると下げが加速することもあり?

 また、原油は、弱い米雇用統計の結果を受けて、米経済の回復の鈍化に伴う原油の需要減少が懸念されたことや、石油輸出国機構(OPEC)のバドリ事務局長が、原油価格を引き下げるため生産目標を上回る生産を行い、100ドルが適正水準であると発言したことで、暴落しています。

 チャートを見ると、完全に一目均衡表の雲を下回っているので、材料次第では今後も一気に加速する可能性も…

 去年も、このゴールデンウィーク明けの暴落から、一気に値崩れしましたからね~

 確か、去年は70ドル台まで…

 金は、弱い米雇用統計の結果を受けて、同国の経済に対する不透明感が強まったことで、安全資産とされる金の魅力が高まったことや、米追加緩和への期待が高まり、流動性増加を見越したインフレヘッジとしての金買いが入り、上昇。

 チャートを見ると、転換線・基準線で止まっているので、先ずはこの水準を抜けるかどうかが問題でしょうか?

 とりあえずは、昨日の“満月”で“変化”したのかどうかを見極めて…

 因みに、来週の16日で“金星の逆行”が始まります。



 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ゴールデンウィークに突入…


 先週から、ゴールデンウィークの大型連休に入った方もいるかも知れまんが…

 私は、まだまだ…

 一応、明日からはお休みしますが…

 しかし、最近は大型バスや児童を巻き込んでの交通事故のニュースが多いですね~

 子を持つ親としては心配です…

 事故だけは、コチラが気をつけても巻き込まれることがありますから…

 まぁ、私も6~7年前に長野の高速道路で大事故を起こしていますが…

 確かにあの時も居眠り?

 誰もいないところでの単独事故だから、人様に迷惑をかけずにすみましたが…

 休憩を取ろうと思っても、やっぱり早く帰りたい気持ちもあるんですよね~

 ゴールデンウィークに入って、外出する方も増えますし、それだけ事故の確率も増すわけですから、十分気をつけて運転していきましょう。

 では、話を戻して…

 NY市場では、ダウ・原油が上昇しています。

 ダウは、中国の4月製造業購買担当者景気指数(PMI)が53.3となり、5カ月連続で前月を上回ったものの、市場予想を下回ったことが嫌気されて、序盤は売りが優勢に…

 その後は、4月ISM製造業景況指数の結果が予想を上回ったことから、買いに転じると、ダウは一時125.03ドルの13338.66ドルまで上昇し、およそ4年半ぶり高値を更新しました。
 
 週末には、米雇用統計の発表もありますし、このまま上がっていくのか?

 それとも、一気に反転するのか?

 5日は“立夏”で、6日は“満月”になりますし、急激な“変化”には十分注意しておきましょう。

 そして、原油はダウ同様に米4月ISM製造業景況指数が昨年6月以来の高い伸びとなったことを受けて、世界最大の石油消費国である米国の景気の回復に伴う原油の需要増加が期待されたことで、買いが優勢に…

 チャートを見ると、一目均衡表の雲の上限で止まっていますし、ここからの“変化”には注意…

 一気に抜けるか?

 それとも、叩かれるか?

 東京市場は、連休に入りますし…

 去年と同じ動きを見せるのか?

 それとも…

 

 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ゴールデンウィーク…


 今日も時間の関係で書けませんので、明日は必ず…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。