スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え~


 え~

 やっぱり…

 今日も書けそうにない…

 
スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日も…


 今日も書けない…

 明日も?

 何とか書きたいが…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日…

 
 今日は、時間がないのでコメントは明日…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウ、またまた暴落…


本日のNY市場では、全面安となっています。

 ダウは、ユーロ圏4月製造業と独4月製造業PMI・速報値の結果が予想より弱かったことや、4月の中国のHBSC製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が49.1となり、6カ月連続で好不況の分かれ目となる50を下回ったことで、世界的な景気回復ペースの減速が警戒されて、下落しています。

 また、予算案をめぐってオランダのルッテ首相が内閣総辞職を表明したことも、欧州経済の不透明感につながり、ダウは一時183.68ドル安の12845.58ドルまで下落しました。

 チャートを見ると、再度上値を抑えられて一目均衡表の雲の中に入り込み、基準線を割り込んでいます。辛うじて、転換線で止まっていますが、割れてくるようだと三尊天井を付けてからの戻りを叩かれた形になり、大暴落もあり?
 
 その時に12710ドルを割り込んだら…

 そして、商品の方では原油が、軟調な中国製造業PMIやユーロ圏PMIの結果を受けて、世界的な原油の需要減少が懸念されたことや、フランスやオランダでの政治情勢に対する不透明感からリスク回避の動きが強まり、米安・ドル高が進んだことで下落しています。

 チャート上は、転換線割れからの切り返しを見せていますが、上値は重そうです。

 また、金はフランスの大統領選挙第1回投票において、現職のサルコジ氏が最大野党のオランド氏に劣勢となったことから、同選挙の結果次第では域内の債務危機を食い止めるための努力が台無しになるとの懸念が高まって、リスク回避的なドル買いが優勢となり、ドルの代替資産としての金の魅力が後退したことで下落。

 こちらは、目先1613ドルを割り込むかどうかが問題ですね~
 
 割り込んでくると、週足でも一目均衡表の雲を割りこんでくるので要注意…

 ちょうど、一目均衡表の雲のねじれの時間帯に入っていますし、“変化”には気をつけましょう。



 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“新月”が過ぎて…

 
 先週の土曜日は“新月”でした…

 NY市場では、G20財務相・中央銀行総裁会議において、国際通貨基金(IMF)への追加拠出について4000億ドル超で承認と表明されたことで、それまでのリスク選好の流れをさらに強めることとなりました。

 これをきっかけに動きだすのでしょうか?

 ダウは、取引終了後に発表したマイクロソフトや寄り付き前に発表したGEによる1-3月期決算の結果が好感されたことや、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、国際通貨基金(IMF)の財源強化が協議されて、追加拠出で4000億ドル超で承認と表明されたことで欧州財政問題に対する懸念が後退して、一時118.44ドル高の13082.54ドルまで上昇しました。

 その後は、24日に決算発表を控えているアップルがテクニカルな理由で下落すると、ハイテクセクターが売り優勢となってことで、ダウは上昇幅を縮小させましたが、チャート上は再度、一目均衡表の雲を抜けてきました。

 あとは、今週のFOMCの結果次第で動意づくか…

 そして、商品の方では原油・金ともに上昇。

 原油は、強い独Ifo景況感指数の結果を受けて、欧州の景気の先行きに対する懸念が後退したことで、原油の需要増加が期待されたことで上昇…

 また、金も原油と同じように強い独Ifo景況感指数の結果やG20においてIMF追加拠出が4000億ドル超で承認されたことを受けて、リスク選好地合いが強まり、ドルが他の主要通貨に対して全面安となったことで、ドルの代替資産としての金の魅力が高まり、買われています。

 両銘柄ともに、まだ一目均衡表の雲の下に位置しているので、上値は重いかもしれませんが、週末の“新月”で“変化”する可能性も…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“穀雨”で、明日は“新月”…


 今日は“穀雨”です。

 そして、明日は“新月”…

 何かが起るのでしょうか?

 一応、目先の懸念材料だったスペインの入札は無事に終わりましたが…

 では…

 NY市場では、ダウ・原油が下落しています。

 ダウは、序盤は買いが先行していましたが、スペインで19日に実施された2年と10年国債が目標調達額である25億ユーロを上回ったにも関わらず、スペインに対する警戒は消えず、4月フィラデルフィア連銀製造業指数や3月中古住宅販売件数の結果が予想より弱かったことで、徐々に売りが優勢に…

 さらに、FRBが銀行はボルカー・ルールを2014年7月までに実施する必要と明らかにすると、金融セクターの下げが加速して、ダウは一時135.93ドル安の12896.82ドルまで下落しました。その後は、ダウ平均の構成銘柄であるトラベラーズ、ベライゾンなどの堅調な1-3月期決算の結果が下支えして、下げ幅は縮小されましたが、チャート上は再度一目均衡表の雲の中に入り込んで、基準線も割りこんでしまいました。

 これで、転換線も割り込むようだと、再度安値を取りに行くことも…

 そして、商品の方では原油が下げて、金は上昇…

 原油は、米雇用指標や同3月中古住宅販売件数が予想よりも悪い結果となったことで、米景気の回復の減速に伴う原油の需要減少が懸念されたことから、売りが優勢に…

 チャートを見ると、転換線を割り込んで、完全に一目均衡表の雲を割りこんでしまったので、ここからの暴落には十分注意しておきましょう。

 また、金はラガルドIMF専務理事がIMFの融資能力が大幅に拡大される見通しを示したことで、ドルが対ユーロで弱含んで、ドルの代替資産としての金の魅力が高まったことから上昇。

 チャート上は、陰線の十字となり微妙な形をしていますが、反転するならここか…

 とりあえず、明日は“新月”…急激な“変化”には十分注意しておきましょう。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日は“穀雨”…

 
 明日は“穀雨”です。

 NY市場では、全面安となっています…

 ダウは、7日の取引終了後に決算の発表をしたIBMの売上高が予想を下回ったことで、同社を中心にした一部ハイテクが売られて、売りが先行…スペインで19日に実施される期間が長めの国債入札を控えて、警戒感からポジションを調整する動きがみられたことや、スペイン民間銀行の不良債権比率が1994年以来となる高水準となったこともあり、ダウは一時88.05ドル安の13027.49ドルまで下落しています。

 この下げで、再度切り下がりのチャートに舞い戻るのか?

 すぐ下の水準には、一目均衡表の雲や基準線・転換線が控えているので、下げ渋るとは思いますが…

 逆に、この水準を割り込むと…

 明日は“穀雨”、21日は“新月”となりますし、急激な“変化”には十分注意しておかないと…

 そして、商品の方では原油が石油在庫統計において、原油在庫が予想を上回る積み増しとなったこともあり、下げています。また、本日のスペイン債入札に対する警戒感からのリスク回避の動きもあり、上値は重い展開でした。

 チャート上は、再度一目均衡表の雲を割り込んできていますし、基準線で上値を抑えられて転換線も割りこんでしまいました。

 本日のスペインの入札の結果次第では…

 また、金も同様にスペイン債入札を前にリスク回避の動きが強まったことで下落。

 チャートを見ると、完全に転換線を割りこんでしまったので、もう一段の下げには十分注意しておきましょう…まぁ、東京市場は円安の恩恵があるので、暴落まではないかな?

 とりあえず、本日のスペインの入札が終わるまでは、注意が必要でしょうね~

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウ…暴騰!


 本日のNY市場では、ダウが暴騰しています。

 ダウは、スペインの短期債入札が堅調だったことや、独4月ZEW景気期待指数とユーロ圏4月ZEW景気期待指数の堅調な結果を受けて、欧州に対する懸念が後退したことに加えて、IMFが世界経済見通しで成長率予想を引き上げて、楽観的な見方を示したこともあり、大幅高に…一時209.95ドル高の13131.36ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、一目均衡表の雲を抜き去り、基準線・転換線を上回ったことで一気にチャートが好転しています。

 三尊天井を付けてからの、一気の暴騰…凄い…

 そして、商品の方では原油・金ともに上昇…

 原油は、スペインで実施された短期国債入札の堅調な結果や市場予想を上回る独・ユーロの4月ZEW景気期待指数が結果に加えてて、IMFが今年と来年の世界経済見通しを引き上げたことで、世界的な原油の需要増加が期待されたことから上昇し、一時105.07ドルまで上昇…

 改質ガソリンは下げていましたが、原油は高い…

 一目均衡表の雲割れ、転換線割れからの一気の巻き戻し…

 再度、雲の中に入り込んでいますし、あとは基準線を抜けて、雲を抜け切れるかが問題です。

 また、金も原油同様の材料で上昇しています。

 チャートを見ると、依然として一目均衡表の雲の下に位置しているので、まだ戻り売り?

 しかし、下値では転換線でサポートされていますし、底固めの状況?

 さぁ、週末の“新月”までどう動くか…


 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

クラッシュ?


 クラッシュ寸前?

 本日のNY市場では、ダウ・原油は上昇していましたが、金は下落…

 さぁ、この水準から動きだすのでしょうか?

 ダウは、予想より強い3月小売売上高の結果を好感して、一時137.18ドル高の12986.77ドルまで上昇しましたが、アップル、ネットフリックス、プライスラインドットコムなど、年初から大きく上昇していた一部ハイテク銘柄の決算発表を控えて、利益確定の売りが入り、引けにかけては上昇幅を縮小させています。

 そして、商品の方では原油が市場予想を上回る米3月小売売上高の結果を受けて、米経済の改善に伴う原油の需要増加が期待されたことや、輸送方向の反転によるオクラホマ州クッシングからシーウェイ・パイプラインを通じたメキシコ湾岸への原油供給が、5月から前倒しで開始されると伝わったことで、買いが優勢に…

 また、金は強い米3月小売売上高の結果を背景にNYダウが堅調な動きとなったことから、安全資産としての金の魅力が後退して、売られています。

 今週は、20日が“穀雨”で21日が“新月”になります。

 その辺りまで、修正が続くのでしょうか?

 …米著名投資家のジョージ・ソロス氏が16日、ユーロ危機は深刻化しつつあり、当局者の間違った対応により欧州連合(EU)は崩壊に向かいかねないと警告…

 今回の“変化日”で、ユーロ絡みで来るのか…

 今後のユーロの動きには要注意…




 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暴落…


 暴落しています。

 書きたいことが色々とあるんですが、今日は朝からバタバタ…

 明日以降に…


 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

急騰…


 本日のNY市場は、急騰…

 NYダウは連騰しています。

 ダウは、13日に発表される中国の1-3月期GDPが市場予想(8.4%増)を上回る9%増となるとの観測が浮上したことや、11日遅くに米FRBのイエレン副議長が非常に緩和的な政策を支持すると言及したほか、12日にNY連銀総裁も緩和策を支持する内容を示唆したことから、米国で金融緩和政策が継続するとの期待もあって、上昇し一時181.19ドル高の12986.58ドルまで上昇しました。

 チャートを見ると、基準線・転換線まで戻ってきていますが、ここで戻り一杯となるのか…それとも、一気に抜けていくのでしょうか?

 個人的には、三尊天井を付けているので、今の半値戻し水準で売られそうな気はしますが…

そして、商品の方では原油。金ともに上昇しています。

 原油は、米金融当局による成長押し上げのための緩和策に対する期待が高まり、株高やドル安が進んだことから上昇…

 この上昇で、今まで上値を抑えられていた転換線を抜けてきているので、基準線を抜ければ一気に噴くこともあり?

 また、金はイエレンFRB副議長が11日に緩和的な政策を支持する認識を示すなど、追加の刺激策実施への期待が高まったことや、ダウが大幅高となり、リスク選好ムードが高まって、ドルが他の主要通貨に対して全面安となったことで続伸しています。

 今まで、上値抵抗として働いていたラインを上抜けたことで、一気に上昇気流に乗ってくるのかどうか?

 中国1-3月期GDPが市場予想の+8.4%に対し+8.1%と弱い結果となったことを受けての今晩のNY市場の動き次第では、もうひと波乱ありそうですが…




 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

お休み…


 今日はお休みです。

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

大荒れ…


 本日NY市場は、大荒れです…

 色々と書きたいこともあるのですが、時間の関係でお休みです。


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウ…暴落


 本日のNY市場では、ダウが暴落しています。

 ダウは、先週末に発表された3月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の結果が予想を大きく下回る伸びにとどまったことが嫌気されて、S&P500の10セクターがすべて下落して、ほぼ全面安となり一時156.50ドル安の12903.78ドルまで下落し、ほぼ一カ月ぶりとなる13000ドル割れ水準で引けました。

 チャートを見ると、ネックラインを割り込んだことで三尊天井が確定…

 一応、一目均衡表の雲の上限で止まっていますが、更なる下げが起る可能性大?

 また、商品の方では原油が下落し、金が上昇しています。

 原油は、弱い米雇用統計の結果を受けて同国の景気の回復に対する懸念が強まり、原油の需要減少が懸念されたことやイランが、核開発プログラムに関して、国連安全保障理事会の常任理事国やドイツと交渉を行うことに合意したことを受けて、同国からの原油の供給障害に対する懸念が後退したことで暴落して、取引序盤には100.81ドルまで下落幅を広げて本日の安値を…

 その後は、ユーロが切り返したことや100ドル割れを回避したことで、買いが入りました。

 チャートを見ると、辛うじて一目均衡表の雲を実線で下抜けることはありませんでしたが、形は良くないですよね~

 逆に金は、米雇用統計が予想よりも弱い結果となったことから、米国の成長促進に向けた措置実施への観測が高まったほか、インドで21日間続いた宝飾業界によるストライキが終了して、同国の金の需要増加に対する期待も高まったことから、買いが入っています。

 チャート上は、すぐ上に転換線・一目均衡表の雲・基準線があるので、一気に上昇とまではいかないでしょうが、逆にこの水準を抜けてくるようなら、一旦は高値追いも…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“満月”が過ぎて…


 先週7日は“満月”でした。

 そして、前日の6日には米雇用統計の発表があり、この結果がサプライズを起こしています…

 ちょうど、市場が休場だったので、それほど荒れはしませんでしたが、今週の動きには十分な注意が必要になりましたね~

 為替・ダウともに“水星の逆行”が終わってから、下げに転じていますし…

 来週末まで“変化日”がないことを加味すると、このまま行くことも?

 休場明けの今晩のNY市場の動き次第では、大波乱も…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“金星のサインチェンジ”が終わり…


 昨日は“金星のサインチェンジ”でした。

 そして、今晩は米雇用統計の発表…

 明日は“満月”…
 
 さぁ、底打ちとなるか?

 色々と書きたいこともありますが、今日は朝から入学式…

 詳細は電話で…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“金星のサインチェンジ”…


 今日は“金星のサインチェンジ”です。

 昨日は“清明”で“水星のサインチェンジ”が終わりと“変化日”が続いていますが…

 一体、どんな動きをするのでしょうか?

 NY市場では、暴落…

 これが、底打ちとなるのか?

 それとも、一気に上昇に転じるのか?

 明日は、米雇用統計の発表がありますし、要注意ですよね~

 ダウは、スペイン政府が示した2012年予算案で債務の対GDP比率が1990年以降で最悪の水準に達すると見込まれているなかで、スペインの国債入札が実施され利回りが前回から上昇して、合計調達額も目標レンジの下限付近となったほか、ドラギECB総裁が記者会見で「経済見通しに下振れリスクが存在する」と発言したことで、欧州経済への警戒感が高まり、下落。

 さらに、3月ISM非製造業景況指数の結果が予想を下回ると、ダウは一時178.69ドル安の13020.86ドルまで下落しました。最終的には、心理的節目である13000ドル近辺で買いが入ったので、下げ幅を縮小させましたが、先日書いたように、三尊天井に徐々になりつつありますね…

 そして、商品の方では原油・金ともに暴落…

 原油は、前日のFOMC議事録での追加の金融緩和に伴う景気回復尾への期待が後退したことでの原油の需要減少懸念や石油在庫統計において、国内の原油生産量が過去12年間で最も高い水準まで増加するなか、原油在庫が前週比で予想を大幅に上回る積み増しとなったことで、一時101.08ドルまで下落しました。

 いまだに改質ガソリンは高値位置にあるので、まだまだ上に切り返す余地はありますが…
 
 チャートを見ても、一目均衡表の雲の下限で踏ん張っていますし…

 まぁ、この値位置を抜けたらジ・エンド?

 また、金は前日のFOMC議事録を受けて追加の金融緩和への期待が後退したことや、スペイン国債の軟調な入札結果を背景に欧州の債務不安が高まったことから、ドルが他の主要通貨に対して強含み、ドルの代替資産としての魅力が後退して、暴落…

 東京市場では、ネックラインを割り込んでいるので、早急に値位置を切り上げないと雪崩式に来るかも…

 しかし、今日は“金星のサインチェンジ”ですからね~

 一気に基調転換なんてことも…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“水星の逆行”が終わりに…


 今日で“水星の逆行”が終わります。

 しかも、本日は“清明”で、明日は“金星のサインチェンジ”、7日は“満月”となります…

 そして、NY市場ではサプライズな動きが…

 大幅な円安を受けて、NY市場では、ダウ・原油・金が下落しています。

 ダウは、2月製造業受注指数の結果が予想を下回ったことやFOMC議事録で「成長が減速しなければ、追加緩和の必要はない」と公表され、追加の金融緩和期待が後退したために、一時133.28ドル安の13131.21ドルまで下落。

 チャートを見ると、辛うじて転換線へのタッチで終わっていますが、三尊天井形成へ近づいているようにも見えますね~

 今週末には、米雇用統計の発表もありますし、“変化日”ラッシュですし、要注意です。

 また、原油はFOMC議事録で追加の金融緩和が示唆されなかったことで、ドルが他の主要通貨に対して全面高となったことや、米2月製造業受注指数が市場予想を下回ったほか、前日に発表された米エネルギー情報局(EIA)の米1月石油需要統計において、ガソリン消費が価格高騰を受けて2001年以来の低水準となったことで売りが優勢に…

 チャート上は、一目均衡表の雲の上限で支えられていますが、上値も転換線で再度叩けれています。

 雇用統計の結果にもよりますが、売りが優勢みたいですよね?

 金も、FOMC議事録の公表を前にドルが他の主要通貨に対して強含んだことを受けて、ドルの代替資産としての魅力が後退したことや、世界最大の金の買い手であるインドで、宝飾業界が政府による金製品への課税に対する抗議でストライキを延長したことが売りを誘っています。

 しかも、時間外取引では大暴落…

 完全にチャートが崩れたか?

 先ほども書きましたが、明日は“金星のサインチェンジ”ですし、注意が必要です。

  

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日で“水星の逆行”が…

 明日で“水星の逆行”が終わります。

 さぁ、“変化”を見せるのでしょうか?

 NY市場では、ダウ・金・原油が上昇しています。

 ダウは、ユーロ圏3月製造業PMI・確報値は47.7と市場予想通りの結果となっていましたが、2月の結果から低下したことや、景気判断の分かれ目である50を8カ月連続で下回ったことで、ユーロ圏の景気後退が懸念されて、一時58.35ドル安の13153.69ドルまで下落しました。
 
 その後は、米3月ISM製造業景況指数が予想より強かったうえに、雇用部門の指数(前月:53.2)が56.1へ上昇して、週末の米雇用統計発表を控えて、期待感が高まったや、4-6月期が始まってのニューマネーの流入により、一時85.07ドル高の13297.11ドルまで上昇。

 このまま、上昇していければ三尊天井の目は無くなりますが…

 明日で“水星の逆行”が終わりますし、暴騰・暴落には十分注意が必要では?

 そして、原油は102ドル台半ばと反落して始まり、2月16日以来の安値水準となる102.06ドルまで下押して本日の安値をつけましたが、強い米経済指標の結果を受けて買い優勢の展開に転じると、その後は取引終了まで右肩上がりの動きとなり、引け間際には105ドル半ばまで上値を追っています。

 チャートを見ると、一目均衡表の雲を下抜けそうな勢いからの一気の切り返しで、転換線にタッチしています。

 このまま、上昇するようであれば底打ちにも見えますが…こちらも“水星の逆行”がどう影響するのか?

 傍から見れば、上げ過ぎにも見えますし…

 また、金は米3月ISM製造業景況指数が前月から上昇したことや、中国3月製造業PMIも1年ぶりの高水準となったことを受けて、世界的な景気の回復に伴う貴金属の需要増加が期待されて買いが優勢に…

 チャートを見ると、一目均衡表の雲割れからの転換線越えとなり、強そうにも見えますが…

 5日は“金星のサインチェンジ”になりますし、要注意!

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

4月…


 昨日から4月になりました。

 4月と言えば、新入社員が入ってくるという印象がありますよね~

 今日も、結構いましたね~

 初々しい方々が…
 
 私は、もう17年前?でしょうか?

 最初は、研修期間でしたから支店に配属するまでは同期とワイワイガヤガヤ…

 思い出します…

 そして、新年度入りして今年はどんな動きを見せるのでしょうか?

 今週は、米雇用統計ウィークですし、4日に“水星の逆行”がおわり、“清明”、5日は“金星のサインチェンジ”、7日は“満月”と早くも“変化日”ラッシュ…

 乞うご期待!

 時間の関係で、細かい話は抜きです。

 そうそう、先週の水曜日から家族旅行のために、コメントは書けませんでしたが、明日からはシッカリと書いていきますので、よろしくお願いします。

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。