スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上げ…


 今日は、普通に上がっています。

 しかし、問題は今晩…QE2が終了しますしね~

 あ~時間が無い。

 これ以上、書く時間が取れない…

 明日は“新月”ですし、大波乱の予感が!

スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロが続伸…


 今日は、久しぶり?に全面高です。

 NY市場では、ダウが2日連続で暴騰…フランスが提案したギリシャ国債のロールオーバーについて、ドイツが支持したことでギリシャのデフォルト懸念が後退。また、ギリシャの財政緊縮計画の採決を翌日に控えて、引き続き可決する可能性が有力視されていることも、買いを誘う結果になっています。

 この結果、ダウは一時146.87ドル高の12190.43ドルまで上昇したて、直近の高値に迫っています。

 問題は、この水準を抜けきれるかどうか?

 前回も転換線を抜けた後に、一目均衡表の雲に叩かれて暴落していますしね~

 これで、上に抜けてくればチャートの形は一気に好転してきますし、そうなってくると全銘柄が上に来ることも…

 しかし、逆に再度、ここで叩かれてくると奈落の底へ一直線?

 7月1日は“新月”になりますし、新しい流れを作り出すのか?

 それとも、再度下値を取りに来るのか?

 まさに“変化日”に…

 商品の方でも、下値でやっと陽線を付けて若干の戻りの兆しも見せています。

 今まで、売り込まれただけに戻りが入れば…

 買い方さんは、期待を込めて待っていましょう。

 でも、梯子を外されることには十分注意して…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

さぁ、今日は…外電は上がっていますが…


 さぁ、今日はどうなるか…

 今までの下げ局面が“変化”を起こすか?

 一旦は戻した形にはなってますが、この戻りは良い売り場を提供するのかな~

 今週金曜日は“新月”になるし、そこまでが勝負?

 それでは…

 NY市場では、ダウが急騰しています。

 27日からギリシャで財政緊縮策や国有資産払い下げ促進を盛り込む中期財政計画の審議が始まり、同国のパンガロス副首相が緊縮財政5カ年計画の採決では可決を楽観していると述べたことが伝わったことや、国際決済銀行(BIS)によるバーゼル3の方針が事前に想定された内容ほど厳しいものではないとの見方、そして著名アナリストのリチャード・ボブ氏が銀行株は過小評価されていると指摘したことで、金融セクターが買いを主導して、ダウは上昇…一時164.23ドル高の12098.81ドルまで上昇し、前日の下げを取り返しています。

 しかし、チャートを見る限りでは、転換線で止まっていますし、目の前には基準線や一目均衡表の雲があるために、一気に暴騰することはなさそうです。

 商品の方は、まだまだ安いですし、今晩のNY市場で再度売り込まれると、更なる下落が待っていそうですね~

 そうなってくると、先ほども書きましたが、7月2日の“新月”がひとつのポイントに?

 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

暴落…


 やはりと言うか…

 暴落してきました。

 あ~続きを書きたい~

 けど、時間がない…

 息子が急病に~行かないと…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“夏至”の後に来ましたね~


 “夏至”の後に一気に来ましたね~

 計ったような大暴落…

 安値からはさすがに買い戻されていますが、流れは完全に↓

 あと、下がっていない銘柄と言えば“金”…この銘柄が下げ切ってから上昇に“変化”するのかな~

 それでは…

 NY市場では、ダウが上下に200ドル動くという凄い動きを見せています。

 前日のFОМCで、景気認識を下方修正したことが影響していることや、予想より弱い新規失業保険申請件数の結果が嫌気されたことで売りが先行。

 そして、米下院共和党院内総務のキャンター氏が超党派で話し合われている歳出削減と連邦債務上限の引き上げについての協議から退くことを明らかにしたことで、8月2日の期限までに合意に達することができないとの懸念も上値を重くして、ダウは一時234.73安の11874.94ドルまで下落。
 
 その後は、ロイターが緊縮財政5カ年計画でEU・IМF調査団と合意に達したと報じると、一気に下げ幅を縮小させて終わっています。

 結果的には、下ヒゲが175ドルとなっていますし、来週金曜日の“新月”に向けて大きな動きがありそうですね…

 

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“夏至”が過ぎて…


 “夏至”が過ぎて…“変化”が起きたか?

 NY市場では、FОМCが終わったことで、ある程度の方向性が出てくるのでしょうかね~

 注目された米連邦公開市場委員会(FОМC)後の声明では、計画通りに量的緩和第2弾(QE2)を6月末で終了する方針が示されました。

 しかし、市場では米連邦準備理事会(FRB)が引き続き金融緩和スタンスを継続するとの予測が強く、商品相場や新興国への資金流入はしばらく続くとの見方が出ているようです。

 また、国家発展改革委員会(発展改革委)が中国の6月の消費者物価指数(CPI)上昇率が5月の5.5%よりも加速するとの見通しを発表しているため、中国ではインフレを背景に金融引き締めが継続する公算が高まってきています。

 これで、週末を前に追加利上げの発表が近いとの懸念も強まっているので、もうひと波乱ありそうなムードですね。

 ちょうど、来週の金曜日は“新月”になりますし、来週1週間の動きを左右するような材料が出てくるかな?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“夏至”です。

 
 今日は“夏至”で、24の変化日となっています。

 FOMCもありますし、大きな動きがありそうですね~

 ユーロ圏でも、ギリシャ議会においてパパンドレウ首相率いる新内閣が信任を獲得したことでユーロが買われています。

 あとは、このユーロ買い流れが続くのかどうか?

 もしかしたら、今回のユーロの一時的な上昇が、戻り高値と言うこともありますし…

 また、NY市場では、ダウが続伸して目先の戻りの目標値だった一目均衡表の雲の下限と基準線の水準まで来ています。

 ダウは、今朝がた予定されていたギリシャの内閣信任投票を控えて、7月のデフォルトが回避されるとの楽観的な見方が広がったことや予想より強い米5月中古住宅販売件数の結果が、買いを後押しして、一時136.95ドル高の12217.33ドルまで上昇。

 さぁ、流れが変わったか?

 それとも、絶好の売り場を提供したのか?

 FOMCともども、今後の動きから目が離せませんね~

 内容的には、米経済に減速兆候がみられるので、さらなる悪化に対する策を検討するとみられています。FOMC後に発表される四半期の経済見通しは、最近の景気鈍化傾向を反映して下方修正される公算が大きいようなので、再度売り込まれる可能性が高い?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日は“夏至”…

 明日は“夏至”になります。

 一体どんな“変化”を見せるのか?

 そういえば、今日の東海道線・京浜東北線は凄く込んでいました。

 人身事故の影響で1時間の遅れ!

 いつもは、東海道線を使うのですが、駅の放送で京浜東北線を使ってくれみたいなことを言っていたので、京浜東北線に乗ったら、大混雑…電車は乗れずに3本待ち…

 しかも、乗ったはいいが、ノロノロ運転。

 しまいには、せっかく京浜東北線に乗ったのに、結局は東海道線に3回も抜かされる始末に!

 これなら、最初から東海道線に乗ってれば良かった…

 あの放送は何だったのか?

 いつもより、2時間近くも着くのが遅くなり、日曜日から始まった腰痛は激しさを増すばかりに…

 それでは、話を戻して…
 
 本日NY市場では、ダウが続伸。

 GSが石炭セクターの投資判断を引き上げたことで素材セクターが買われて、ダウは一時95.51ドル高の12099.87ドルまで上昇して、転換線を超えてきました。

 さぁ、変わるか?

 とここまで書いたところで時間が~

 また、明日…

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

全く時間がない…


 今日は、コメントを書く時間が全くありません。

 一応、22日は“夏至”となりますので“変化”には十分注意を…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“満月”…


 今日は“満月”です。

 そして、NY市場では下げが加速しています…

 結果として、前日までの上昇が戻り高値だったのでしょうか?

 NYダウ・ユーロドルともに、転換線で叩かれて、一気に前日までの戻りを飲み込んでいます… 

 6月NY連銀製造業景況指数の結果が11月以来となる低水準となり、市場予想を大幅に下回ったことやギリシャへの追加支援が遅れるとの見方から、同国債務危機をめぐる懸念が再燃し、ムーディーズが仏大手3銀行をギリシャ関連資産の保有を理由に格下げ方向で見直していると示したこと、アイルランド政府がアングロ・アイリッシュ銀行の債券保有者に一部負担を強いることを検討する可能性と報道されていたことが主な要因。

 これにより、ダウは一時213.58ドル安の11862.53ドルまで下落…一気にチャートが悪化しました。

 商品の方では、金は堅調でしたが、原油などは大暴落!

 やはり、戻りは売られたようですね~

 こうなってくると、来週22日の“夏至”までの調整安も…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日は“満月”…


 明日は“満月”です。

 本日のNY市場では、ダウが上昇…

 中国が発表した経済指標結果から同国がハードランディングを回避する可能性が示されたや5月小売売上高の結果が予想より強かったことで買いが優勢に…

 また、ベストバイの第1四半期決算が堅調だったことで、消費者の購入意欲が衰えていないことが確認されて、ダウは一時167.83ドル高の12120.80ドルまで上昇。

 チャートを見ると、転換線までは値を戻していますが、この負の流れを断ち切れるか…

 ユーロドルも、一旦は一目均衡表の雲の下限や基準線で抵抗を見せていますが、上値は転換線で止まっています。

 こちらも、この水準を抜け切れるか…

 時間の関係で今日はここまで。



 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明後日は“満月”…


 明後日は“満月”です。

 NY市場では、ダウが続落して、商品は暴落…

 この流れのままだと、明後日までは安いかな?

 しかし、東京の原油・ガソリンは下げませんね~

 換算値だと1000円は安いはずなのに…

 この分だと、買い材料が出た途端に急騰するパターンに!

 チャートは悪化しているのに、下がらない…これでは外電は全く関係ない?

 結局、最後は力関係か~

 金持ちは、値段も動かせるのか…

 目先は16日の“満月”の動きとその後の22日の“夏至”の動きかな?

 ボトムになるのか、それとも戻りいっぱいか…

 とりあえず、チャートだけを見る限りは、買えないですし、買い方は難しいですね~

 さぁ、今晩NY金は一目均衡表の雲の中に入るのか?

 そして、完全に下抜けた原油は、戻れるのか?

 乞うご期待!

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

時間がnothing


 今日は、朝からやることが多くて更新が不可能…

 今6時ですが、まだまだ…

 時間の都合でコメントは明日です。

 一応、方針は↓

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“金星のサインチェンジ”…


 今日は“金星のサインチェンジ”です。

 そして、海外市場は全面高に…

 来週16日が“満月”ということも加味して考えていきましょう。

 金だけを見ると、前回の5月17日の“金星のサインチェンジ”で底を打ち上昇していきているので、今回の“金星のサインチェンジ”では、下落への“変化”に十分気を付けておきましょう。

 チャートを見ると、今月に入ってから上値で丸みを帯びてきていますし、切り上がってきている転換線を下回った時には要注意!

 あとは、一目均衡表の雲との関係だけか…

 また、週足を見ると1544.50ドルを下回って引けた場合には陰線を付けてきますしね~

 とりあえずは、今晩のNY市場を確認してから…


 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

明日は“金星のサインチェンジ”…


 明日は“金星のサインチェンジ”です。

 東京金のチャートを見る限りでは、戻り売りに“変化”しているようにも見えますが…

 また、今月はQE2・ユーロのこともあるので大きな“変化”が起きる可能性が大とも?

 最近、良く耳にする米国の格下げのこともありますし…

 そして、市場では米国のデフォルト(債務不履行)に対する懸念が広がっていると…もし、一時的であってもデフォルトを起こせば米国に対する信頼感が損なわれて、世界的な金融危機の再来を招きかねません。
 
 まぁ、実際にデフォルトになる可能性はゼロに等しいみたいですが、米政府が8月2日までに連邦債務上限を14兆3000億ドルから引き上げることができなければ、米国債の利払いや元本の返済ができなりますし、可能性はありますからね~

 米国債というのは、世界の債券市場のベンチマークですし、デフォルトとなれば全世界の国債のみならず、株式や他のリスク資産全体に売りが広がる可能性があります。
 
 これが最大の“変化”としてやってくるのか?

 でも、頭を冷やすために一旦は暴落した方がいいかな?

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

もうすぐ“金星のサインチェンジ”…


 今週末の金曜日は“金星のサインチェンジ”になります。

 今のところは2日の“新月”から流れが変わり、6日の“茫種”を通過して10日の“金星のサインチェンジ”に向かっての“変化”待ちか?

 そして、来週16日は“満月”ですし、このまま行けば下げ続けることも…

 NY市場では、本日もダウが続落。

 一旦はプラス圏に戻していましたが、結局は上ヒゲ陰線で終わり、一目均衡表の雲の下限が意識されている状況に…

 とうとう、NY原油も雲を割りこんできましたし、為替も80円割れとクラッシュが目の前に?

 あとは、頼みの綱の金がダブルトップを付けるか付けないか…

 今は、東日本大震災や政局不安もあり、介入なんてことはないでしょうから、安心して円高に行っているのかな?

 ドル円も一目均衡の雲の下に位置していますし、前回の史上最高値を狙うこともなくのないか…

 とりあえず、10日の“金星のサインチェンジ”までは目まぐるしい動きがありそうです。



 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウが続落…


 NYダウが続落しています。

 これで、完全に一目均衡表の雲を下抜けました。

 こうなってくると、来週16日の“満月”までは戻れないか?

 商品の方でも原油が、再度100ドルの大台を割り込んできましたし、調整模様が強くなってきています。

 しかし、金は高い!

 東京市場は、円高で上値は抑えられていますが、NY市場では若干上に離れてきています。

 問題は、直近のマドを埋めてから上げが加速するのか?

 それとも、マド埋めを完了した後に下げに入るのか?

 週末10日は“金星のサインチェンジ”になりますし、金の動きから目が離せませんね~

 さぁ、今晩のNY市場で、どのような動きを見せるのか…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“変化日”…


 今日は“変化日”…

 しかし、暑いですね~

 寒かったり、暑かったりと気温の“変化”も見受けられますので、体調管理には十分気を付けておきましょう。

 そして、今日は朝から今もそうですが、バタバタ…

 申し訳ありませんが、コメントはここまで…

 一応、節目に来ているのもも多々ありますし、もうすでに抵抗ラインを突破したものもありますし、今晩からのの“変化”には気を付けましょう。



テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

“新月”で変わったか?


 昨日の“新月”で“変化”が起きたか?

 NYダウは、続落しています。

 昨日の大陰線が効いてきたか…今晩の米雇用統計の結果によっては大波乱も?

 ダウは、新規失業保険申請件数の結果が予想より弱かったことやゴールドマン・サックスがNY地検から信用危機の際の事業活動についての召喚状を受け取ったことが明らかになったことで、一時99.60ドル安の12190.54ドルまで下落。

 また、EUがギリシャに対する追加支援策で合意に達しなかったと発表したことも上値を重くしているようですね。

 チャートを見ると、前回も書いたように一目均衡表の雲を下抜ける可能性も…

 とにもかくにも、今晩の発表待ちか?

 そして、株付け会社ムーディーズが「連邦債務の上限枠引き上げ問題で、進展が見られない場合は米国債の格付けを引き下げ方向で見直す」としたことが噴出してきているように、今後は、日本の格下げから始まった格下げラッシュ?がどこまで波及するかで、どの通貨が最弱かという最弱通貨決定戦の様相も…

 色々な銘柄が、昨日の動きで節目の水準まで動いて来ているので、やはり“変化”には十分注意しておきましょう。



 
 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

今日は“新月”…


 今日は“新月”です。

 本日のNY市場では、為替・ダウ・商品ともに良く動きましたし、これが“変化”となるのか?

 サプライズな発表もありましたが、週末の米雇用統計までは目が離せません。

 そして、昨日からパソコンの調子が良くないんですよね~

 何故かブチブチと切れてしまい、打ちこみが上手くいきません…

 ので、ここまでに…


テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

月が変わり、明日は“新月”…


 月が変わりました。

 明日は“新月”…何かが起るか?

 週末には米雇用統計も控えていますし、皆さんの思惑も絡んで値動きが激しくなることもあるでしょう。

 そして、今、通貨の方で“変化”が起きようとしています。

 ついこの間までは“最弱通貨”だった“ユーロ”に回復の兆しが…

 ユーロドルは、一目均衡表で見ると雲の下限で抵抗を受けた形になっています。

 これで、直近の高値を取ってくると今までの下げ基調から“変化”を見せて、上昇に向かうでしょうから、今のユーロには十分目を光らせておかないと…

 また、本日のNY市場ではダウが続伸。

 ユーロ圏財務相会合のユンケル議長がギリシャ向け追加支援が6月末までに決定される見込みだと発言して、同国債務の全面的な再編を否定。また、WSJがドイツが新たなギリシャへの融資を実現させるために、ギリシャ国債の早期の返済繰り延べに向けた働きかけを止めることを検討していると報じたことで、欧州ソブリンリスクへの懸念が後退して、ダウは一時132.71ドル高の12574.29ドルまで上昇…

 その後、5月シカゴ購買部協会景気指数や5月消費者信頼感指数の結果が予想より弱かったことで、上昇幅を縮小させていましたが、結局は再度買いが入り上昇して終わってます。

 チャートを見ると、目先は転換線を抜けきれるかどうかが焦点か?

 商品の方でも原油が100ドルで値を固めたように、底堅く動いています。

 金ともども、下値は堅い?

 それでは、明日の“新月”での“変化”に気を付けて仕掛けていきましょう…

 

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

変化日さん

Author:変化日さん
FC2ブログへようこそ!

取引に係る注意事項
各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
リアルタイム市況
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。